文字サイズ
標準
大きく

歯と歯ぐきのメンテナンスが全身の健康と美につながる 和泉雄一先生(東京医科歯科大学名誉教授)

噛み合わせも重要

as_20180514112325.jpg

塩谷 歯の噛み合わせも全身に影響があるといわれていますよね。

和泉 全身の健康と噛み合わせにはかなり密接な関係があります。歯周病という炎症の要因と、噛み合わせの要因は、常に一緒に考えていかなければならないと思っています。
噛み合わせが悪いと、1本ないし2本の歯にものすごく強い力がかかる。そうすると、その歯や周辺の組織が一気に悪くなり、歯周病が急速に悪化するからです。「歯ぎしり」や「くいしばり」などで数本の歯に力が集中し、その力が強い場合は、顎骨の骨折の危険も出てきます。我々は炎症のコントロールと、力のコントロールといっていますが、それを両方調整していかないとダメなんです。

塩谷 僕も歯にひびが入った経験があります。そのときに「就寝中の歯ぎしり」が原因ではないかと言われました。寝ているときにはどうしようもないですよね。

和泉 今は、数本の歯に力が集中しないようにするマウスピースがあります。あと、重たい荷物を持つときや、緊張したときに歯をくいしばってしまう方も注意が必要です。
そういう患者さんには、日常的に歯をくいしばっていないかチェックしてもらうようにしています。例えば、「ドアのノブを見たときに、必ず歯をくいしばっていないか意識してください」と指導して、1日のうちに何度か「いい状態」にしてもらうように伝えています。
歯に負担がかからず、いい状態なのは、唇は軽く閉じ、上下の歯は数ミリ程度、軽く離れていることです。

塩谷 アンチエイジングを考えると、歯を残すことの次に、見た目を美しくしたいということもありますよね。歯のホワイトニングに興味を持たれる方も増えています。

和泉 ホワイトニングには、漂白剤などの強い薬を使いますから、歯のためにはあまり良いとはいえません。患者さんには、ホワイトニングを希望される方もいらっしゃいますが、私は過度のホワイトニングはあまりおすすめしていません。
 大切なのは、ホワイトニングをする前に、歯周病や虫歯など口腔内のトラブルをしっかり治療しておくこと。トラブルがある状態では、ホワイトニングの効果が十分に出ないこともあります。

塩谷 美しさも土台となる歯ぐきと歯の健康から。今後は、歯周病ケアの大切さを多くの方に意識してもらうことが急務となりますね。そのために、我々に何ができるか、今後も一緒に考えていただきたいと思います。今日はありがとうございました。

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事