文字サイズ
標準
大きく

トップアスリート担当医師から学ぶ、ケガ・疾患に負けないスキンケア 上田由紀子先生(ニュー上田クリニック院長、国立スポーツ科学センター)

健康寿命を延ばしたいと運動を始める人が増えていますが、運動時のスキンケア対策はあまり意識されていません。
今回は、国立スポーツ科学センターでトップアスリートたちの肌を診察してきた、皮膚科医でスポーツドクターの上田由紀子先生に、スポーツと皮膚科学の結びつきについて伺いました。

上田由紀子先生
上田由紀子先生

塩谷 上田先生がスポーツ医学と関わるようになったのはいつごろからですか?

上田 1984年、新浦安にクリニックを開業したころからですから、もう30年以上になります。
きっかけは、大学の同期で、現在、国立スポーツ科学センター長の川原貴さんからお声かけいただき、スポーツ医学の必要性を一緒に考えていくことになりました。実際に医師としてスポーツと関わってみると、皮膚疾患の治療や予防について相談にのることがとても多いと感じました。

塩谷 最初はどのようなことをしていたのですか?

上田 当時、実業団などに在籍するトップアスリートの選手たちは、皮膚の問題で悩んでいるのに、診療時間内に受診する暇がないと困っていました。それを解決できれば、パフォーマンス向上にも役立つのではという考えで、合宿場に往診したり、治療の相談にのったりしていました。
遠征先の選手から「ひどい日焼けで、水ぶくれになってしまったのですが、どうしたらいいですか?」と電話がかかってきたこともありましたね。そんなことから、皮膚科医としてスポーツ選手を陰で支えるようになったんです。
それで、トップアスリートを対象にした国立スポーツ科学センターを設立するという計画が出たときに、皮膚科の分野で役に立てればと思い参加しました。

アスリートは原因をなくすのが難しい

as_20180515194933.jpg

塩谷 国立スポーツ科学センターがオープンしたのは、2001年でしたね。センター内のクリニックに受診する方は、どのような疾患が多いんですか?

上田 スポーツ選手がかかる代表的な皮膚疾患は、マメ、タコ、靴擦れです。これらは種目を問わず起きやすい疾患で、特にバットやラケットなど用具を使う種目や、靴を履いて行う種目に多くみられます。それだけで文献を一つまとめられるくらい、よくある現場のトラブルです。

塩谷 スポーツをしていない人にも多い悩みですね。アスリートへの治療は、一般の人と違いがあるのでしょうか。

上田 基本的には、一般的な治療法を用います。簡単に言うと、原因があれば取り除くこと。たとえば、「マメやタコが足にできるなら、靴を替える」「ラケットを持たない」など。でも、スポーツ選手の場合、単純にそうはいきません。靴や用具に原因があったとしても、それをうまくコントロールして競技を続けなければいけないので、治療にも工夫が必要です。また、選手たちは、大会にベストなパフォーマンスでのぞめるように調整したいと思っています。トレーニングを休めば治るような疾患の場合でも、練習をゼロにするわけにはいきませんから、その点を考えながら治療するのは、スポーツドクターの特徴といえるかもしれません。

塩谷 スポーツ用品も選手が使いやすいように進化しているのではないですか。

上田 そうですね。各メーカーで研究開発が進められています。痛くなりにくいとか、水虫になりにくい靴の開発なども進んでいるようですよ。

塩谷 衣類も素材がいろいろあるとか。

上田 ユニフォームや下着も、汗を通すような化繊が改良されていて、選手たちはより快適に競技できていると思います。女性の場合はブラジャーが擦れる、動きにくいといった問題がありましたが、今はよく研究された商品も出ています。また、水泳競技ではゴーグルに使われているゴムで皮膚炎を起こすトラブルがあります。皮膚科では「ゴーグル皮膚炎」という病名もあるほど多い疾患なのですが、今は、皮膚炎になりにくいゴーグルが開発されています。

この記事の監修・執筆医師

上田 由紀子
上田 由紀子(うえだ ゆきこ)

ニュー上田クリニック院長、国立スポーツ科学センター

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事