文字サイズ
標準
大きく

美につながる食、健康をつくる食。
機能性表示食品の今【抗加齢医学会レポート①】

スタートから4年。あなたは機能性表示食品を手に取ったことはありますか? 買った方は何が決め手になりましたか?
健康で若々しく日々を過ごすために欠かせない重要な要素「食」。その中で年々存在感を増している感のある機能性表示食品。第18回日本抗加齢医学会総会で行われた複数のセミナーから現状と課題、そしてこれからの展望がうかがえました。

届け出数トクホ越え
2年間で売り上げが4.3倍の商品も!

機能性表示食品関連セミナーは立ち見が出る関心の高さ(第18回日本抗加齢医学会総会より)
機能性表示食品関連セミナーは立ち見が出る関心の高さ(第18回日本抗加齢医学会総会より)

日本では口から入るものは薬と食品の2つに法律上分類され、本来、食品にはその効果効能を表示することが出来ません。しかし、例外的にその機能性の表示が認められているのが「保健機能食品」と呼ばれるもので、三種類あります。「特定保健用食品(トクホ)」(1993年〜)、「栄養機能食品」(2005年〜)、そして2015年に登場した「機能性表示食品」です。

スタートして既に4年目に入った機能性表示食品は、届け出内容をすべて公開することや生鮮食品へも表示できることなど、世界に例を見ないいくつもの新しい仕組みでできています。2018年5月30日現在、届け出件数も1316件とトクホの商品数をすでに超えて順調に市場も伸びてきています。

こうした機能性表示食品の現状や問題に最も早く触れられるのがこの学会の特徴。機能性表示食品制度の誕生前の検討段階から誕生後のフォローアップまで全面的にバックアップをしてきた経緯があるからです。今回も所轄官庁の消費者庁や健康食品業界団体、企業、そして実際に機能性食品を臨床に使っている医師参加のもと、活発な議論が展開されました。日本抗加齢医学会と日本抗加齢協会との共催で開催された2件のセミナーには、延べ250人以上の参加と、関心の高さがうかがえました。

実は、日本の健康食品業界全体の売り上げはここ数年伸びに陰りが出て、「踊り場状態」とも表されています。しかしながら、機能性表示食品に関しては、具体的に2年間で売上が4.3倍になった商品もあり、更には、消費者にわかりやすい商品が投入されたことによって他の商品の売り上げまで相乗的に売り上げが伸びたといった成功事例も紹介されました。
次のステップとしては、外食や中食(調理・加工された食品を持ち帰り食べる食品)での機能性表示も検討されていること、さらに、他の食品素材にも新たな機能性表示の可能性の模索が始まっていることが発表されました。
世界に先駆けて超高齢社会を迎えた日本が、食品の機能性を上手に使った健康長寿モデルを実現できれば産業的にも世界に展開できる可能性が期待されているのです

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事