文字サイズ
標準
大きく

血液検査の数値、改善できました

それは3年ちょっと前のこと。

「おとなスタイル」2015年秋号
「おとなスタイル」2015年秋号

「おとなスタイル」の創刊号である、2015年秋号の企画でした。

50代からの"身体作り"というテーマ。
自分の身体にどんな変化が起きてくるかを知り、賢く対処して
これからの人生のための身体を作り直そう、という内容でした。

で、まずは身体の変化を知るための検診を受けよう!
ということで、ワタクシ、東京女子医大東医療センター日暮里クリニック(現在は東京女子医大附属病院に統合)で体験取材をさせていただきました。

採血・採尿のほか、甲状腺エコー検査、骨密度検査を受けた結果、"弱点"がわかるわけです。

取材記事

この体験取材の後、すぐに治療が必要なものはなかったのですが
「要注意」の項目や「弱点」を放置するのも性に合わず(笑) 改善するために定期的に受診をしてました。

改善を早めるために、薬を少量出していただいたり、食事の改善や運動(ハードではないです)を行ない、仕事が忙しいときは数値が悪くなったりもしつつ、

この3月に受けた人間ドックにて、「要注意」項目はすべて改善してました。
弱点にどう対処すれば良いかもわかりました。

as_20180615103530.jpg

コレステロール値とか、中性脂肪とか、肝機能とか、父から受け継いだ体質によるものだったので、多少の生活改善や食事コントロールではなかなか変わりませんでしたが
自分の身体をどう取り扱えば良いのか・良くないのかが解ったのは大きな収穫です。

血液検査や人間ドックの"イエローカード"項目の多くは、改善できます。
病気に進むことを防ぐことはできます。
年単位の時間はかかりますが、今の医療機関の検査と医師の指導があれば可能なのです。

せっかくの体験だったので、「おとなスタイル」誌上でこういう"改善報告"をしたかったんですけどね。
2月発売号で休刊になってしまったので叶わず。

この時の記事もブログでご紹介したので
改善結果もここでご報告させていただきました。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2018年6月8日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事