文字サイズ
標準
大きく

【ブラックペアン解体新書⑤】医療監修 渡邊剛医師が徹底解説 最終回直前 ドラマと現実の違いを一挙まとめ

ついに、最終回を迎えるTBSの医療エンターテイメントドラマの『ブラックペアン』。医学会まで動かした、治験コーディネーター問題などを起こしながらも、後半視聴率は16%越えをキープしているという。しかしこのドラマ、医療現場からは、「ありえない」、「笑える」といった声が異例なほど多いドラマでもあった。
最終回直前に、そのあたりの問題点を再検証してみようと思う。
今回も解説は、ドラマの医療用支援ロボット監修として参加されている『ニューハート・ワタナベ国際病院』の渡邊剛医師に伺った。

ニューハート・ワタナベ国際病院でのロケの風景より
ニューハート・ワタナベ国際病院でのロケの風景より

現実とは異なる① 治験コーディネーター

日本臨床薬理学会から抗議声明が提出された治験コーディネーターの描かれ方。医師と高級料理店にたびたび会食に行ったり、金品を渡す、私服であらゆるところに現れる。きちんとした説明もないまま患者に新しい機器での手術を同意させるなど、実際の治験コーディネーターの姿とはまったく違うスタンスで描かれていた。

「ここまで、実際と違う形で描くなら、誰が見てもわかるような嘘の形で描くべきだったのでは、というのが僕の感想です。メロンに超高額な請求書を渡す医療ドラマのように、見るものがジョークとして受け取るような描き方であれば、フィクションで済んだのかもしれません。ですが、治験コーディネーターという職業自体、一般の方にはまだまだ馴染みが薄い。最近、医療現場で活躍が広がっている仕事です。今回、私は医療用支援ロボットの監修をしましたが、このロボットは、ダビンチという実際にある機械を使い、実際にある技術もみせています。そうなると、治験コーディネーターという聞きなれない職種も、こんな感じなのでは? と思ってしまう人がいるのは当然だと思います。このあたりもっと丁寧に描くべきだったと思いますね」

と渡邊医師はまず前置きをした。

そもそも、治験コーディネーターは、新しく開発された薬剤や医療機器が医療現場で有効かつ安全に使用できるかを確認するために、患者の協力によって行われる臨床試験「治験」を行うコーディネーターのことだ。医師と製薬企業・医療機器企業、さらに治験をうけてくれる被験者の間を調節する非常に重要な専門職だ。ドラマのようなフリーで働く人もいるが、多くは医療機関や製薬会社、医療関係の企業と契約して、業務を行う人も多い。業務は多岐に及び、治験を始める準備から被験者への対応、治験で上がってきた調査データの収集や整理などを、医療現場と連携して、細かく報告しながら行っていく。ドラマのように医師たちと個人的に会食をするなんてことは、倫理的にも時間的にもありえないのだ。

「実際に、心臓外科で治験コーディネーターさんと接することはあまりありません。多いのはどちらかと言うと薬の治験が多い内科だと思いますね。ロボットなどの機械で治験コーディネーターと仕事をしたのは、僕の場合、数回しかありません。医療用支援ロボットの場合は、メーカー治験がほとんどでした。さらに、治験コーディネーターが勝手に患者を決めるなんてことはまずありえない。原作にもないので、どうして治験コーディネーターになったかは知りませんが、治験コーディネーターという名を語った別の職種としてみるのが正解かもしれませんね」(渡邊医師)
医療雑誌と編集長の描かれ方にも疑問?
医療雑誌と編集長の描かれ方にも疑問?
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事