文字サイズ
標準
大きく

「今欲しいのはリアルな情報」足を運びたくなる美と健康のイベントとは?
後編【抗加齢医学会レポート⑤】

インターネット上には医療・健康情報が溢れ、ほしい情報が簡単に手に入れられる今、なぜわざわざイベントに足を運ぶのか。第18回日本抗加齢医学会総会最終日に行われた「市民公開講座」。主催の学会と共催した家庭画報の担当者にはその理由と確かな手ごたえが感じられたと言います。多くの人を集めた最新医学とメディアのコラボ企画から、その注目を集める理由は何かを深掘りします。

的確で確証のある、信用できる情報が必要

1300人の参加者が会場を埋め尽くした(第18回日本抗加齢医学会総会 市民公開講座より)
1300人の参加者が会場を埋め尽くした
(第18回日本抗加齢医学会総会 市民公開講座より)

前回詳報した通り、「市民公開講座」で人気を博した内容は「最新かつ専門的な医療・健康ソリューション」と「親しみやすい日々の工夫」そして「将来構想」といった幅広いものでした。会場を訪れた人は当日参加100人を含めた1300人。これまでのこの学会で行われた市民公開講座の新記録になったとのこと。地元大阪からの参加者は62%を占めたものの、それ以外にも兵庫、奈良、三重、といった近隣県のみならず東京から訪れた人も多く、大半がこのイベントのためにわざわざ足を運んだのです。

日本抗加齢医学会と共催した家庭画報編集部(㈱世界文化社)の鹿田みちこ副編集長によると最近の読者の傾向とイベントの参加者増加の理由は合致すると言います。

「今回の参加者の90%は女性です。主婦に限らず、会社務めの方、経営者も多く参加しています。もともと家庭画報の中心読者は、50代女性が中心です。子育てする母であり、夫の世話をする奥様、親の介護をする娘でもあり、嫁という立場もある。家族、周辺の健康にとても責任を感じています。更に自分も更年期という心身の節目を迎えて、もっとも大変で、しかし、精一杯自分の人生も楽しみたい世代です。だからこそ、的確で確証のある、信用できる情報が必要と考え、生活に積極的に取り入れられる情報を求めているのです。」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事