文字サイズ
標準
大きく

男らしさから肥満、うつまで!テストステロンの男性更年期障害に対する効果!【抗加齢医学会レポート⑥】

多くの世の男性にとって間違いなく気になる問題がAGA(男性型脱毛症)や男性機能の衰え。「歳だからしかたないよね」と片付けられて、今までなかなか科学的に語られることが少なかったのが現状でした。しかし最近はその状況が一転。そのキーワードが男性ホルモンの1つ「テストステロン」です。

"真の男性ホルモン" テストステロン

このテストステロンはたくさんある男性ホルモンのなかで最も作用が強く,まさに"真の男性ホルモン"と考えられています。精巣(睾丸)で分泌されて,男性的な体になるための筋肉や骨格の発達に深く関係しています。医薬品としても使われており、男性の性機能不全や更年期障害などの治療に使われています。
今回は、第18回日本抗加齢医学会で発表された「テストステロン」関連の情報をまとめてみました。

軽症のうつ病にテストステロンが有効

男性は胎生期の妊娠6週目から24週目にかけてテストステロンが大量に分泌される時期があり、これによって脳が女性的特徴を失っていわゆる男性脳になっていきます。さらに、思春期には睾丸からのテストステロンの分泌が増加して、男性的な身体になっていきます。

このテストステロンは加齢とともに減少していきますが、今までは、性欲減退やEDなどと結びつけられるだけで、命に別状はないためにあまり大きく取り上げられることはありませんでした。 しかし、実は、最近の医学研究では性機能以外の面も大きな注目を浴びていて、その中でも最も注目される作用の一つが精神面への大きな影響です。テストステロンが少ないと、やる気の減退やうつ症状、筋肉痛など男性の更年期障害特有の症状としてあらわれ、心筋梗塞や脳梗塞リスクも上昇します。

さて、このテストステロンが「うつ病」の治療に有効であると発表したのは、市ヶ谷ひもろぎクリニック泌尿器科の渡部芳德先生。これまでの臨床の結果、特に軽症のうつ病ではテストステロンがよく効き、一方、重症になればなるほど抗うつ剤の方が効果があったという結果に。そのため、治療ではまず、採血をしたうえでテストステロン値をきちんと測って、その値によって2つの治療を使い分けることを重要視しているとのこと。

「うつ病と更年期障害の症状はかなりの部分が被っている可能性が高いのですが、精神科の専門外来では診断の際に男性更年期という視点でとらえないケースもまだまだ多いため、抗うつ剤を最初から使うケースが目立つことを懸念しています。"うつ"に対するアプローチが精神科の先生と泌尿器科の先生で違うという現実があります」(渡部先生)
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事