文字サイズ
標準
大きく

【ブラックペアン解体新書⑥】ドラマ医療監修から考える 医療従事者とメディアとの関係とは?

今や刑事ドラマ以上に確実に視聴率が稼げるのは医療ドラマ!?

日本臨床薬理学会から治験コーディネーターについて抗議表明が出されるなど、何かとお騒がせだったTBSドラマ『ブラックペアン』(TBS)が6月末終了した。治験コーディネーターはもちろん、医療現場からは、苦笑や失笑する場面も多く、さまざまな意見が上がったが、最終回の視聴率は18.6%を記録し、2018年春ドラマ視聴率ランキングでは1位という結果に終わった。

ダビンチ手術取材の撮影風景(ニューハートワタナベ国際病院にて)
ダビンチ手術取材の撮影風景(ニューハートワタナベ国際病院にて)

医療ドラマは、日本はもちろんアメリカでも韓国でも、ドラマジャンルの中では定番だ。確実に視聴率を取れるという意味では、定番というよりも王道と言ったほうがいいかもしれない。
ここ最近の日本のドラマ視聴率を見てみると、2018年冬ドラマ(1〜3月期)は、純粋な医療ドラマは存在しなかったが、不自然死を扱う法医解剖医を描いた『アンナチュラル』が平均視聴率11.0%。ランキングとしては6位だったが、高い医療知識と脚本の質の高さに、マニアファンを獲得し、テレビドラマ関連の各賞を次々と受賞、第二弾を熱望する声も多い。

また、2017年のドラマ視聴率ランキングを見てみると、医療ドラマ人気はより明らかだ。
1位は、圧倒的な強さで『ドクターX〜外科医・大門未知子〜5』(テレビ朝日)平均視聴率20.7%。5位には、ドクターヘリを舞台に、緊急医療の現場を描く『コードブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜3』(フジテレビ)が平均視聴率14.6%。6位には、木村拓哉が外科医を演じたことで話題になった『A LIFE 〜愛しき人〜』(TBS)が平均視聴率14.5%だった。他トップ20には、お馴染みの法医学研究員が登場する『科捜研の女』(テレビ朝日)、産科医療の現場模様を描く『コウノドリ2』などもランキングされている。

さらに、今夏のクールでは、7月からも自閉症でサヴァン症候群の小児科医の成長を描く『グッド・ドクター』(フジテレビ)、アルバイト看護師の視点で産婦人科の現状を描く『透明なゆりかご』(NHK)などが放映される。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事