文字サイズ
標準
大きく

AYA世代がん経験者が語る がん啓発チャリティライブで伝えたいこととは

がん経験者の中でも小児・AYA世代(15歳〜39歳)の情報はそれほど知られていないのではないだろうか。そんな現状を踏まえて、がんの治験・臨床試験情報を中心とした、エビデンスに基づくがんの医療情報を発信する「オンコロ」が行う取り組み、啓発チャリティライブ"Remember Girl's Power!!"について、開催直前の主催者にその思いを聞いた。

(話:鳥井 大吾氏 がん情報サイト「オンコロ」Web担当/軟部腫瘍体験者)

Q.小児・AYA世代がん経験者の抱える問題とは?

小児がんは0〜14歳でがんに罹患することです。AYA世代はなかなか耳慣れない言葉だと思います。AYAとはAdolescent and Young Adultの略で15歳〜30歳前後(注:欧米では15歳〜39歳などの定義もある)の思春期・若年成人のことを指します。

小児・AYAの時期にがんに罹患することは様々な特有の問題にぶつかります。一般的に小児は大人よりも抗がん剤が効きやすく約7割が治療によって助かると言われています。しかし一方で、幼少期にがん治療を行うことで、晩期合併症(治療の影響によって何年も経ってから合併症が出ること)や二次がん(初めのがん治療がきっかけで別のがんに罹患すること)の不安がついてまわります。

AYA世代は就学、就職、恋愛、結婚、出産といったライフイベントが集中しており、この時期にがん治療を受けることで大きな影響を及ぼします。 これらの問題を一般の方々にも知ってもらい、支援していくための活動が"Remember Girl's Power!!"です。

昨年開催されたがん啓発チャリティーライブRemember Girl's Power!!2017
昨年開催されたがん啓発チャリティライブ Remember Girl's Power!! 2017

このイベントは小児・AYA世代(15歳〜39歳)のがん体験者支援、疾患啓発、研究支援につなげることを目的とする女性アーティストによるチャリティライブ。 2016年、2017年に引き続き、3回目の今年は小児・AYA世代(15歳〜39歳)の啓発月間である9月1日に品川で開催します。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事