文字サイズ
標準
大きく

女医さん大歓迎

as_20180822172604.jpg

東京医大の女子受験者の点数操作が問題になっている。呆れた話だが、ペーパーテストの成績だけでとったら大半が女子学生になってしまう、とは現役時代によく耳にしたものである。でもそれがなんで悪いのだろう? 女の子ばかりって楽しいじゃ無いですか? それでも男子学生の方が多いということは、得点操作は論外としても、何らかの操作は行われてきた可能性があるということなのか。
 
男女の差別は卒業してからのいわゆる入局ではもっとあからさまだった。男尊女卑がむき出しの教室もあった。あからさまに女医を敬遠しなくとも、あそこは女子はとらないということが学生の間で広まっていたり、結婚したら退局すべしとはっきり打ち出している教室もあった。関連病院への出向とか、当直体制とかで女医さんがいると人事が組みにくいとかいうのがその理由のようだったが、僕は根底に女性蔑視があったと思う。
 
僕の形成外科教室では女性大歓迎だった。同等の能力なら女性を優先というのが、僕の主義だった。形成外科という分野では女性の感性を取り込みたかったからというのは口実で、単に僕の好みの問題だったかもしれない。でも、そのために僕は教室の運営にいささかも支障を感じたことはない。医局長が人事でどう苦労されたかは知らないが。

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事