文字サイズ
標準
大きく

肥満もリフレッシュもストレス次第!?

8月終盤、夏休みも終わった人も大半だろう。「休み明けは活力十分!頑張ろう!」そう思ったのもつかの間、もう、疲れが気になる人も多いのではないか。
でも自分を責めてはいけないようだ。そんな気持ちはどうやら少数派ではないと最新の調査が示している。もし「リフレッシュスイッチ」というモノがあるならそれはあっという間にOFFになるというのだ。その原因はやはりストレス。
一方、ストレスによって「食べすぎスイッチ」はONになるという研究も見逃せない。

休暇と仕事のストレスの残念な関係

甘い炭水化物を欲するのはストレスのサイン!?
甘い炭水化物を欲するのはストレスのサイン!?

「リフレッシュ効果はあっという間に消える」そんな調査を発表したのは米国心理学会(APA)。「仕事と幸福感に関する調査2018(Work and Well Being Survey)」(6月27日発表)によれば、休暇をとってもリフレッシュ効果は仕事に戻って数日以内に消え去ってしまうと感じている労働者は6割以上。内訳は、「数日以内」が40%、「復帰後すぐに」という人も24%いた。
この調査は、APAが調査会社のHarris Poll社に委託し、2月15日〜3月1日の半月間、米国在住のフルタイムやパートタイムなどで働く成人1,512人を対象にオンラインでの調査を実施したもの。

休み明け仕事に戻った直後については多くの人が、「前向きな気分になれた(68%)」「活力に回復した(66%)」「やる気が向上した(57%)」「ストレスが軽減した(57%)」といった気持ちの変化に加えて、「生産性が向上した(58%)」「仕事の質が向上した(55%)」というポジティブな回答をしているにもかかわらず、リフレッシュ効果は長続きしないのだ。

「仕事のストレスから回復し、燃え尽きを防ぐためにも休暇を取る必要がある。しかし、たまの休暇で仕事のストレスが相殺される訳ではない。ストレスの要因を突き止めて対処し、普段からストレスの管理を行っていないと、せっかく休暇を取ってもその効果はすぐに消え去ってしまうだろう」

こう語るのはAPAのDavid Ballard氏。

さらに見逃せないのは、一部の人達が「休暇中も緊張やストレスを感じていた(21%)」「予定よりも多くの時間を仕事に割いた(28%)」「仕事に戻るのが憂うつだと感じた(42%)」などと回答したこと。休暇中も仕事が原因でリフレッシュスイッチを入れられず、リラックスできていないことが浮き彫りとなっている。

そして、慢性的なストレスを放置すると、別のスイッチが押されてしまうこともわかってきた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事