文字サイズ
標準
大きく

大阪府が全域で健康ポイント還元制度を導入へ!「健康づくり支援プラットフォーム構築・運用業務」開始!

大阪府は、若者から働く世代を中心に、広く健康意識の向上と実践を促し、健康寿命の延伸と、医療費の適正化を目的に、「大阪府健康づくり支援プラットフォーム」整備等事業を府内全域で展開する。

この事業では、府民の健康づくり活動に対してICTを活用した「ポイント還元」を行うことで自発的な行動を促進するとともに、個人毎のマイページにおいて健康情報等を見える化し、継続的な健康づくり活動の促進を図るもの。

蓄積されたデータを分析した上で、将来的に府民への効果的な健康づくりと医療費適正化施策の実施につなげることも目的とする。

民間業者への委託にて運用され、2022年度までの5年間での総予算は20億8千万円。8月10日に入札は終了しているが、20日に予定される正式契約を経て発表される模様。

リテール企業等での健康ポイントはすでに散見され、市町村レベルでも全国各地での実施例はあるが、都道府県レベルでの実施は初めてとみられ、今後の動向に注目が集まる。

[斬新な視点から健康・食・運動スポーツに関する情報を発信するWebマガジン「HealthBrain」2018年8月16日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事