文字サイズ
標準
大きく

がん患者の気持ちを変える、注目の『アピアランスケア』って何!?

2人に1人が「がん」になる今、治療をしながら仕事や家事を行なう人も増えている。病気になってからも続く日常をよりよくするために様々な活動も始まっている。そのひとつが、今注目される『アピアランスケア』、外見へのケアだ。9月24〜26日に開催された朝日新聞社主催の「朝日地球会議2018」でのパネル討論『がん患者と装い〜アピアランス(外見)ケアの効果とは』を取材した。

2018朝日地球会議『がん患者と装い〜アピアランス(外見)ケアの効果とは』
朝日地球会議2018『がん患者と装い〜アピアランス(外見)ケアの効果とは』

がん治療で起こる外見の変化で感じた理不尽さが活動の原動力に

パネリストのひとりである山崎多賀子さんは、美容ジャーナリストであり、現在はNPO法人キャンサーリボンズ理事、NPO法人CNJ認定乳がん体験者コーディネーターとしても幅広く活動している。山崎さんの乳がんが発覚したのは2005年。早期発見ではなかったこともあり、主治医から手術、化学療法である抗がん剤や分子標的薬、ホルモン療法などの薬物治療を提案された。最初は、病気の恐怖、さらに治療にどんな副作用が待っているのか、恐れる気持ちも強かったという。

「がんと診断されてすぐは、死ぬかもしれない、でも、家族を置いては死ねない。抗がん剤でがんをたたくことができたとしても、その後の体力や見た目が変わることが怖かった。主治医には乳がんの抗がん剤で脱毛すると言われ、髪がなくなったら普通に生活することができるか。さまざまな不安に襲われました」

病気の治療薬には多少の副作用がつきもの。がん治療薬は現在、副作用が出にくい抗がん剤や投与の工夫などの研究も進んでいるが、それでも外見が変化する可能性は高く、それが患者の気持ちや日常生活に影響することは否めない。が、山崎さんは治療開始前の不安感をそのままにはしなかった。

「美容ジャーナリストという仕事柄、人と会い取材をすることもとても多い。さらに、バレーボールなど、趣味の時間も大事にしていましたが、外見が変わることで、周囲から"かわいそう"とみられてしまう。確かにがんになるというのは大変なことですが、私は別に"かわいそうな人"ではないし、憐みの対象になる人間ではないはず。がんになることで仕事や趣味ができなくなることは理不尽だ、という憤りが次第に大きくなり、あるとき、がんになったのなら、むしろそれを隠さずに堂々と生きてやる!と決めたのです。そのときの気持ちが、『アピアランスケア』への活動のエネルギーになっているのかもしれませんね」
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事