文字サイズ
標準
大きく

医師が語る、美しい「グレイヘア」の作り方

「ウィメンズヘルスクリニック東京」の発表会&セミナーがありました。
「女性の薄毛」について、浜中院長から原因や最新の治療法、家でできるケア法などについてお話しがありました。

その後、会場の出席者から「グレイヘア」について質問がありました。
流行語大賞にもノミネートされた、いま注目のワードです。

as_20181123101625.png

「最近は患者さんから、グレイヘアにしたいというご相談も受けますよ」と浜中先生。薄毛治療の中で頭皮トラブルの改善にも取り組んでいることから
「まず、(ヘアスタイルを楽しむ)髪の量があることが重要です。
そして、全体に白髪があって、〝グレイ〟に見えるような黒髪と白髪のバランスであること」と、グレイヘアになれる髪の状態を挙げました。

確かにー。何ヶ所かにまとまって白髪がある場合は「グレイ」というより「メッシュ」に見えますからね。

そして、
「急にヘアカラーをやめるのはおすすめしないです」とアドバイスが続きました。

「根元がまばらに白髪のままになると、どうしても生活感が出てきてしまうし、急に老けた印象になるんです。
〝素敵な印象〟を目指すなら、時間をかける必要があります」。

素敵なグレイヘアにするために、
「ヘアカラーをする間隔を少しずつながくして、色も明るい色に変えて行く」というやり方を教えてくれました。

2年ぐらいかけて素の髪に戻して行くと、激変せず、疲れた印象や老け感を持たれずにグレイヘアになれそうですよ。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2018年11月9日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事