文字サイズ
標準
大きく

美容医療で一番人気の「注入治療」で今絶対知っておくべきこと

第41回日本美容外科学会総会(JSAPS)、第133回学術集会が10月25日・26日にTKPガーデンシティ品川に於いて開催され、約40の講座や講演などが行われた。その中でもここ数年、飛躍的に患者数が最も伸びている治療「フィラー」の教育講演(司会:山下理絵医師、演者:神田美容外科形成外科医院院長 征矢野進一医師、いわきクリニック形成外科・皮膚科 岩城佳津美医師)は注目が集まった。フィラーのメリットと今後の課題について、取材をした。

フィラー(注入治療)のメリットと問題点

第41回日本美容外科学会総会
第41回日本美容外科学会総会

フィラーとは直訳すると"埋めるもの・詰めもの"などの意味で、美容医療においては注入剤や注入医療のことを指す。いわゆる一般的には"プチ整形"と呼ばれるもののひとつで、切らずに注入剤を注射するだけでシワやたるみなど老け顔の悩みを解消できると人気が高い。患者には男性も多いという。

フィラーの治療メリットは、術中・術後の痛みや腫れが軽度であること、治療痕も目立ちにくいなどの手軽さ・気軽さが挙げられる。この手軽さ・気軽さは、これまで特別なものと思われていた美容医療へのハードルを下げ、美容医療は外見の悩みを解消する手段の選択肢のひとつとして多くの人に認知されるようになった。

だが、この手軽さ・気軽さが「施術が安易だから安心・安全」という誤った認識を与えてしまい、トラブルも多く発生している。実際、いわきクリニック形成外科・皮膚科には、他のクリニックからの医師から、また他のクリニックで治療した患者から過去3年の間に合わせて24件の塞栓事故(編集部注1)に関するアフターフォローの相談があったという。

※編集部注1:塞栓とは、注入時に針で血管を傷つけることで注入剤が血管に入り、血管を塞ぐことで発生。失明に至る例もある。合併症のリスクが高い血管を知り、注入時に避けて注入することが必要とされている。

こういった報告の現状を踏まえ、今回の学会の講演では症例に基づくフィラー治療の技法や効果のほか、顔面の解剖学に基づいた治療の必要性や、塞栓事故の回避についても解説された。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事