文字サイズ
標準
大きく

「光陰矢の如し」人生もアンチエイジングも

新年を迎えたのはつい先日のようだが、早いもので1か月余りが過ぎた。

光陰矢の如し。

「時間」は年齢とともに変化する
「時間」は年齢とともに変化する

「光」は日、「陰」は月。直訳すると、月日が過ぎるのは飛ぶ矢のように速いという意味だが、これが格言たる所以は、単に「時が経つのは早い」ということではなく、「月日は放たれた矢と同様、戻って来ることはない(だから日々を無為に過ごしてはならない)」という戒めが込められているところにある。

困ったことに、この月日という矢は本物の矢と違い、放たれた後に加速を続けながら飛ぶ。まるで「時間を無為に過ごすまい」という薄弱な意志をあざ笑うかのように。

なぜ加速するのだろうか。


ジャネの法則(ジャネーの法則)

僕は昨年末に87歳の誕生日を迎えた。いわゆる「物心」が付き、日々の出来事が後々まで記憶に残るようになった年齢が仮に7歳だったとしよう。この場合、たとえば17歳当時の僕にとって、過去の記憶の「全長」は10年間だ。その中での1年間は、全体の1割、10分の1を占める。

他方、87歳になった現在の僕にとって、過去の記憶の全長は80年。その中での1年間は、全長に対する80分の1。17歳当時は全体の10分の1を占めていた1年間が、今や僅か80分の1になっている。

このように考えると、年月が加速度的に過ぎるように感じるのは当然だ。この考え方は19世紀のフランス人哲学者ポール・ジャネが考案し、「ジャネの法則(ジャネーの法則)」と呼ばれる。

余談だが、この法則をその著書で紹介したのがポールの甥であるピエール・ジャネ。古代ギリシアで「傷」を意味した語を「心的外傷」という比喩的な意味に転用して、今や日本語としても定着した「トラウマ(trauma)」という語を広めたフランスの心理学者だ。

話を戻すと、この加速して飛ぶ「時の矢」については加齢や老化という観点、特に高齢者の観点からは別の考察も成り立つ。


注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事