文字サイズ
標準
大きく

温故知新のアンチエイジング

「AI医療機器、国内販売へ 大腸がん、脳の病変診断支援」

これは今週、僕が最初に目にした医療関連ニュースの見出しだ。人工知能(AI)で病気の診断を支援する医療機器が今春にも国内販売される見通しになったとのこと。この見出しを目にした時、僕は神奈川県相模原市にある北里大学病院にいた。医師ではなく患者として。


医師として見える景色、患者として見える景色

7年前、80歳の時に僕は大きな交通事故を経験した。ニューヨーク行きフライトに乗る前の晩、成田空港近くのホテルに向かう僕が乗ったタクシーは、雨の高速道路で発生した複合事故に巻き込まれ大破。幸い命には別状なかったが、腰椎の圧迫骨折などの重傷を負い、以後2ヶ月間を北里大学病院、つまり僕のかつての職場の病室で過ごした。現在も足腰に痛みや痺れが残っており、月1回、診察を受けるためこの病院に通院している。

事故で入院していた当時もそうだったが、かつての職場を患者として訪れると不思議な感覚を覚えることがある。一言で表すとすれば、「医師として見える景色と患者として見える景色の違い」だろうか。

『故きを温ねて(ふるきをたずねて)新しきを知る』
『故きを温ねて(ふるきをたずねて)新しきを知る』

「真の発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目を持つことである。」

これは20世紀を代表する長編大作「失われた時を求めて」を遺した、フランス人作家マルセル・プルーストの言葉だ。僕の場合、発見の旅というと少々大袈裟かもしれないが、患者として古巣の病院を訪れることは間違いなく「新しい目」を与えてくれた。病院内の待合スペースで他の患者達が往来するのをぼんやり眺める患者として。看護師や検査技師から説明や指示を受ける患者として。畏まって先生の診断・説明に耳を傾ける患者として。

話を記事見出しに戻そう。


この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事