文字サイズ
標準
大きく

知足者富(足るを知る者は富み)強行者有志(つとめて行う者は志有り)

先週末、NHKで「大往生 ~わが家で迎える最期~」と題した番組を観た。明治の文豪、森鴎外の孫で、外科医から訪問診療医に転じた小堀鴎一郎氏が行う訪問診療や在宅看取りの現場を密着取材したドキュメンタリー番組だ。

撮影当時はまだ80歳だったと察するが、先月81歳の誕生日を迎えた小堀医師が自ら四輪駆動車を運転し、自身と同世代から100歳を越える年齢まで、病状や家庭状況が異なるさまざまな患者の自宅を日々精力的に往診する。患者とその家族に対し、時には厳しく悲しい現実について医師として淡々と、時にはユーモアを交えながら接し、自宅で最期を迎えることを希望する高齢者たちの診療や看取りを行う。同じ高齢者として、また医師として、人生の最終段階の過ごし方や終末期医療における医師の役割など、いろいろと考えさせられる内容だった。

黄昏だからこそ見える景色もある
黄昏だからこそ見える景色もある

外科医の「引き際」

小堀医師は昨年の「文芸春秋」11月号、「訪問診療医が看た355人の在宅死」という記事でも紹介されていたが、元は食道がんの治療を専門とする外科医。東京大学医学部を卒業後、同大の附属病院に約30年間、その後、国立国際医療研究センターに10年間勤務した。定年退職後は、東大附属病院時代から関わりのあった新座市の堀ノ内病院に専任の外科医として着任。医師として第二の人生を歩む中で訪問診療に出合い、その後、70歳の誕生日直前に外科手術から引退し訪問診療医になったという。訪問診療医の場合、もちろん外科医としての知識や経験が役に立つことも多いが、内科医としての知識や経験が重要だ。職人的な外科医だったことを自認する小堀医師が外科手術から引退することを決心した理由は、「テクニックの衰えといった身体的な変化ではなく、精神面の限界」だったそうだ。

僕は小堀医師より医学部の年次では10年上。卒業後、東京の米軍病院でのインターンを経て渡米し、30代半ばまではアメリカの大学病院で修業していたということもあり、小堀医師とは同窓ながら面識がない。ただ、同じ外科医として、「テクニックの衰えといった身体的な変化ではなく、精神面の限界」から外科手術を封印した心境はとてもよく理解できる。僕の場合、大学病院在職中に取り組みたい実験研究があり外科手術からは60歳の時に手を引いたが、一般的に外科医の場合は体力的なピークが早く、技術的なピークもそれに多少なりとも引っ張られる。そのピークを過ぎたことを自覚したのちの「引き際」は悩ましく難しい。


この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事