文字サイズ
標準
大きく

3月14日は何の日?

毎年3月第2木曜日は「世界腎臓デー(World Kidney Day)」。14年目を迎える今年の場合は3月14日、来週の木曜日だ。

世界腎臓デー 2019
世界腎臓デー 2019

2006年に国際腎臓学会(ISN)と腎臓財団国際協会(IFKF)が、腎臓病の早期発見と早期治療の重要性を啓発する国際的な取組みの一環として、毎年3月の第2木曜日を「世界腎臓デー」に定めた。毎年この日に合わせて日本も含めた世界各国でさまざまな啓発イベントが開催されている。

腎臓の病気、特にCKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれる慢性腎臓病は自覚症状が少なく、進行すると慢性腎不全や脳・心血管疾患にも繋がる生活習慣病。早期発見・早期治療が重要だ。

この機会に啓発イベントや医療機関に足を運んでみるのはいかがだろうか。

慢性腎臓病(CKD)啓発イベント情報
(NPO法人日本腎臓病協会)
https://j-ka.or.jp/ckd/event/

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事