文字サイズ
標準
大きく

今年の風疹患者累計は860人に 国立感染症研究所発表

厚生労働省の国立感染症研究所は19日、「風疹流行に関する緊急情報」(13日現在)を発表した。

同研究所は昨年8月、首都圏を中心に風疹の患者が急増していることを受け、当初は首都圏限定情報として、9月以降は全国情報に拡大して風疹流行に関する緊急情報を毎週公表している。

出典:風疹流行に関する緊急情報:2019年3月13日現在(国立感染症研究所)
出典:風疹流行に関する緊急情報:2019年3月13日現在(国立感染症研究所)

最新の2019年第10週(3月4日~10日)情報によると、今年の風疹患者の累積報告数は860人。前週(2月25日~3月3日)の768人から92人増加した。

人口100万人あたりの患者報告数は、全国の6.8人に対して最多の東京都は18.1人、次いで千葉県13.8人、神奈川県13.6人、佐賀県13.2人、福井県12.7人と続く。今年に入ってからも依然として首都圏を中心に流行している状況だ。また、職業記載欄に会社員と記載されている場合を除いた「特に配慮が必要な職種」として医療関係者、保育士、教職員、消防士が挙げられている。

そのほか最新の「風疹流行に関する緊急情報」の詳細に関しては以下を参考にされたい。

「風疹流行に関する緊急情報:2019年3月13日現在」
(国立感染症研究所 感染症疫学センター)
https://www.niid.go.jp/niid/images/epi/rubella/2019/rubella190313.pdf

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事