文字サイズ
標準
大きく

九州が熱い!日本抗加齢医学会「九州地方会」第1回学術総会開催

九州のアンチエイジング動向には要注目

学術総会終了後に開催された日本抗加齢協会九州支部主催の第1回市民公開講座では、日本笑い学会理事で福島県立医科大学医学部疫学講座主任教授の大平哲也氏が「笑いと健康」をテーマに講演。生活習慣病やうつ・認知症予防など「笑い」の効能を紹介したほか、来場者を巻き込み「笑いヨガ」の実践方法を伝授。会場は大きな笑いに包まれた。

当日は学術総会、市民公開講座ともに参加者がメイン会場に収まりきらずサブ会場でビデオ中継する盛況ぶり。学術総会は医師・医療従事者を主な対象としているため、地域単位の活発な学会活動はその地域で医療サービスを受ける側の安心感にも繋がる。来年の第2回学術総会では今回事務局長を務めた尾池氏が会長となり大幅にスケールアップして開催することが既に決まっているとのこと。九州のアンチエイジング動向には今後も要注目だ。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事