文字サイズ
標準
大きく

2019年「世界幸福度ランキング」発表! 健康寿命ランキング順に並べ替えてみると...

毎年3月20日は国連が定める国際幸福デー。この日に合わせて国連の関連団体が「幸福度ランキング(Ranking of Happiness)」を含む最新の「世界幸福度レポート 2019(World Happiness Report 2019) 」を発表した。

世界幸福度レポート 2019
世界幸福度レポート 2019

今回の調査対象は156ヶ国。1位は2年連続となるフィンランドで、上位10ヶ国の半数は教育や福祉の充実した北欧諸国が占めた。日本は2017年が51位、2018年は54位で、今年は58位と2年連続で下落した。

1位: フィンランド
2位: デンマーク
3位: ノルウェー
4位: アイスランド
5位: オランダ
6位: スイス
7位: スウェーデン
8位: ニュージーランド
9位: カナダ
10位: オーストリア

幸福度ランキング(1〜52位)
幸福度ランキング(1〜52位)
幸福度ランキング(53〜104位)
幸福度ランキング(53〜104位)

このランキングは、世界各国の1人当たりGDPと健康寿命のほか、寛大さ(気前良さ)、社会的な支援、人生における選択の自由度、腐敗の認知度に関連するギャラップ社の世論調査結果を反映して総合的な幸福度を集計したもの。健康寿命は世界保健機関(WHO)の集計データに基づいている。

そのWHOが昨年5月に発表した最新の健康寿命統計(調査対象:2016年)の上位5位に今回の幸福度順位を併記すると以下のようになる。

健康寿命の上位5ヶ国(カッコ内は2015年分)の幸福度順位

1位: シンガポール 76.2年(75.9年)【幸福度34位】
2位: 日本 74.8(74.7)【同58位】
3位: スペイン 73.8(73.5)【同30位】
4位: スイス 73.5(73.2)【同6位】
5位: フランス 73.4(73.2)【24位】

日本の場合、健康寿命は2位だったが今回の幸福度ランキングでは「選択の自由度」など他の集計項目の順位が低いため58位。自由度のような健康寿命以外の項目も、仮に精神的なストレスになるレベルになると間接的に健康寿命にも影響を与える可能性がある。この機会に幸福・幸福度について考えてみるのはいかがだろうか。

World Happiness Report 2019 (MARCH 20, 2019)
http://worldhappiness.report/ed/2019/

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事