文字サイズ
標準
大きく

福生病院の透析中止問題 日本透析医学会がガイドライン策定へ

昨年8月、東京都福生市の公立福生病院で44歳(当時)の女性腎臓病患者が人工透析の中止により死亡した問題で、日本透析医学会(理事長:中元秀友 埼玉医大教授)は25日、同学会が設置した調査委員会の調査状況と今後の予定を公表した。

同委員会は今月15日に同病院に対して行った実地調査の結果などをもとに内部協議を進め、5月中に学会としての声明を発表することを明らかにした。

また、同学会が2014年に公表した「維持血液透析の開始と継続に関する意思決定プロセスについての提言」について、今後はガイドラインとして「終末期でない患者さんの意思決定プロセスなどを追加して改訂する時期に来ていると判断」したとして、透析中止に関する新たなガイドラインを年内に策定することも併せて公表した。

透析患者のみなさま、一般の方々、医療者および報道の方々へ
(一般社団法人日本透析医学会)
https://www.jsdt.or.jp/info/2519.html

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事