文字サイズ
標準
大きく

アトピー性皮膚炎抗体医薬「デュピクセント(デュピルマブ)」 気管支喘息に薬事適応拡大

2018年4月にアトピー性皮膚炎の治療薬としては初の抗体医薬品(生物学的製剤)として国内販売が開始された仏製薬大手サノフィの「デュピクセント」(一般名:デュピルマブ)。この新薬に対して先月26日、「気管支喘息(既存治療によっても喘息症状をコントロールできない重症又は難治の患者に限る)」の効能・効果追加が承認された。

「重症又は難治の患者」と生物学的製剤

少し古いデータだが、2011年に厚生労働省が公表したリウマチ・アレルギー対策委員会の報告書では「国民全体では少なくとも約800 万人が気管支喘息に罹患していると考えられる」とされ、同省が3年ごとにサンプリング調査により実施する「患者調査」では2008年以降3回連続して推計患者数が増加した。国内の「既存治療によっても喘息症状をコントロールできない重症又は難治の患者」の数は不明だが、重症の喘息患者が喘息患者全体の 5~10%を占めるという2010年にデンマークで行われた調査がある。

喘息治療の基本はアレルギー炎症を抑える吸入ステロイド薬を主体としたものだが、重症の喘息患者の場合、標準治療ではコントロールできないような咳や呼吸困難などの症状が持続することが多い。このような患者には生物学的製剤治療が適しているとされ、これまで国内で使用できるのは2009年発売のノバルティスファーマ「ゾレア」(一般名:オマリズマブ)、2016年のグラクソ・スミスクライン「ヌーカラ」(一般名:メポリズマブ)、2018年のアストラゼネカ「ファセンラ」(一般名:ベンラリズマブ)の3種類だった。

デュピクセントは国内で喘息治療に使うことのできる4つめの生物学的製剤となるが、薬事の適応拡大によるものとしては初めてのケース。アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎にも関与する「Type2(2型)炎症反応」に関わる「インターロイキン4(IL-4)」と「インターロイキン13(IL-13)」というサイトカイン(細胞間の信号) の伝達を阻害することにより炎症反応を抑制する点が他の3種とは異なる。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事