文字サイズ
標準
大きく

世界初「アンチエイジング全ゲノム解析」日本抗加齢医学会とジェネシスヘルスケアが提携

アンチエイジング(抗加齢)医学の日本抗加齢医学会は25日、「アンチエイジング全ゲノム解析」臨床研究プロジェクトに関して遺伝子検査サービス大手のジェネシスヘルスケア株式会社と提携することを公表した。

日本抗加齢医学会 × ジェネシスヘルスケア
日本抗加齢医学会 × ジェネシスヘルスケア

同プロジェクトは、同学会に所属する医師、歯科医師、および国家資格を有する医療従事者が自ら全ゲノム解析を受け、その解析結果をアンチエイジング研究に役立てるもの。ジェネシスヘルスケアが全ゲノム解析を行う一方、同学会は加齢度の生理データおよび病歴・食事・運動習慣などの加齢調査票を組み合わせて解析することにより、アンチエイジングと関連する遺伝子群を探索する。そのほか、遺伝子修飾(エピゲノム)による日本人の遺伝子年齢時計も作成するという。

今後、遺伝子解析に基づくパーソナライズ医療の進展が見込まれる中で、同プロジェクトは世界初の試み。健康寿命の延伸への寄与に期待したい。

医師・専門家が監修「Aging Style」

日本抗加齢医学会: アンチエイジング・ゲノム研究 世界初「アンチエイジング全ゲノム解析」プロジェクトでジェネシスヘルスケア株式会社と提携
http://www.anti-aging.gr.jp/2019/04/25/post-3423/

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事