文字サイズ
標準
大きく

美容医療とQOL(クオリティ・オブ・ライフ)その原点と源流は...

先週、今週と立て続けに北朝鮮が無予告でミサイルを発射した。その今週の発射からわずか10数分後、米軍もカリフォルニアから南太平洋に向けて大陸間弾道ミサイルの発射実験を実施。北朝鮮のミサイル発射に反応したのではなく以前から予定されていた発射実験だったそうだが、いずれにしても1年半ぶりとなる北朝鮮の発射実験で朝鮮半島情勢は緊張度が増している。他方、中東ではトランプ大統領の対イラン強硬姿勢がさらに強まり、朝鮮半島を上回るキナ臭さが漂っている。

医療進歩のジレンマ
医療進歩のジレンマ

戦争と医学・医療

戦争やいわゆる冷戦状態は人類の科学や技術の進歩に大きく寄与してきた。それは医学や医療においても然り。戦争の歴史と並行してさまざまな治療法や医薬品、医療器具・機器が研究・開発された。

僕が専門とする形成外科の歴史は16世紀にイタリアはボローニャでタリアコッチ(Gaspare Tagliacozzi)という外科医が行った鼻の再建手術にまで遡ることができる。僕は以前、彼が勤めていたボローニャ大学を訪問し当時の手術記録などを閲覧したことがあるが、彼は決闘で失われた患者の鼻を腕の皮膚移植により再建するなど多くの手術を手がけた。

ただ、16世紀当時は外科手術全般で死亡リスクが高かったことに加え宗教上の理由もあり、救命ではなく再建が主目的の外科手術が広まることはなかった。源流と呼べるような流れにこそならなかったが、形成外科そして美容医療の紛れもない原点だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事