文字サイズ
標準
大きく

5月17日は「世界高血圧デー」と「高血圧の日」

17日は「世界高血圧デー」(World Hypertension Day)。高血圧とその管理の啓発を目的として国際高血圧学会の一部門である世界高血圧リーグ(The World Hypertension League、WHL)が2005年に創設した記念日だ。日本では、2008年に、日本高血圧学会と日本高血圧協会が高血圧の予防などの啓蒙活動を目的として、世界高血圧デーと同じ5月17日を「高血圧の日」と定めた。

"Know Your Blood Pressure"「自分の血圧を知ろう!」

高血圧(140/90 mmHg以上)は、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こす主な原因にもかかわらず、自覚症状がまったくないためサイレント・キラーと呼ばれている。「高血圧の日」が制定された2008年時点で、日本に約4000万人と推定された高血圧患者のうち、実際に治療を受けているのは2割の約800万人だったという。

症状がないからといって何の対処もせずにいると、ある日突然倒れる、ということも起こり得るのが高血圧。 飲み過ぎ食べ過ぎをしない、塩分過多の食事を避ける、適度に運動をする。
まずは健康に良いとされる生活習慣を意識することからはじめたい。

医師・専門家が監修「Aging Style」


日本高血圧学会
https://www.jpnsh.jp/general_ind.html

World Hypertension League(世界高血圧リーグ)
http://www.whleague.org/


注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事