文字サイズ
標準
大きく

老化を「治療」する時代がやってくる!?

もし「老化は病気」として治療することが当たり前になったら人生や世の中はどう変わるのだろうか。
そんなことを考えさせられる講演が5月27日、日本抗加齢医学会によるメディア向けセミナーで行われた。

山田秀和教授(近畿大学アンチエイジングセンター)
山田秀和教授(近畿大学アンチエイジングセンター)

「ゲノム医学とアンチエイジング - epigenetic clock - 」というテーマで登壇したのは同学会の副理事長で近畿大学アンチエイジングセンター副センタ―長でもある山田秀和・近畿大学医学部教授。自身が会長を務め2018年5月に開催された第18回日本抗加齢医学会総会では、生物学者で長寿遺伝子研究の第一人者デビッド・シンクレア氏(ハーバード大学医学部教授)と老化細胞研究で著名なジェームズ・カークランド氏(メイヨー医科大学教授)を特別講演者としてアメリカより招くなど、「エピジェネティクス」が老化やアンチエイジングに与える影響や「エクスポゾーム」という概念にスポットライトを当てた。エピジェネティクスは環境因子の影響などにより遺伝子が後天的に「修飾」される仕組みで、DNAの塩基配列の変化を伴わない後天的な遺伝子発現の「スイッチ」のようなメカニズム。その環境因子が人の生涯にわたり影響を与える総量を表す概念が「エクスポソーム」だ。

WHOのICD-11とアメリカにおける最新動向

山田氏は過去1年間で特に注目すべき動きの一つとして、5月25日に世界保健機関(WHO)年次総会で採択された国際疾病分類の第11回改訂版(略称『ICD-11』)を挙げた。ICD-11は先日、ゲームにのめり込み日常生活に支障をきたす依存症が「ゲーム障害」という疾患として認められたことで注目を浴びた世界共通の疾病分類リストの最新版。各国の保健当局や医療機関、医療関連企業などはこれに基づき行政や事業を展開する。

ICD-11が発効するのは2022年だが、今回の改訂により、疾病分類コードを補助する拡張コード(extension code)の一つに「aging-related(加齢・老化に関連する)」が加わった。メインの分類コードではないため加齢・老化自体を病気として扱うものではないが、近年、加齢や老化を病気の一種とする研究発表が相次ぐ中、一部の疾病においては加齢・老化に関連することを付記する選択肢がICDに加わったことで欧米の医学界や関連業界では話題になった。

また、山田氏は2018年9月にアルバート・アインシュタイン医科大学とアラバマ大学の研究者により公表された「Aging as a Biological Target for Prevention and Therapy(予防と治療の生物学的研究対象としての老化)」と題した論文を紹介。加齢と共にリスクが増すさまざまな慢性疾患などに対する予防や治療を、老化という根源的な原因に集約する形で行うという考え方に基づく研究や食品医薬品局 (FDA)に対する働きかけが進んでいるというアメリカの最新トレンドを紹介した。

医療に限ったことではないがアメリカには行政や事業における制度や施策などにおいて、その目的・目標や対象などを可能な限り明確化する文化がある。医療の歴史を紐解くと、今回話題となったゲーム障害のようにひと昔前なら必ずしも病気として認識されなかったものが病気として扱われるようになることもあり、その治療のために産・学・官が絡み合うマーケットが誕生し発展する。山田氏は米国老年医学会が提唱する「healthy aging (健康的な加齢・老化)」の定義には「病気やフレイルがないだけでなく、より広範囲に自らが健康と感じる状態」や「医療を超え地域社会、保健システム、医師らが協力するエコシステム」という概念が含まれる点を指摘。加齢・老化を健康的なものと健康的ではないものに分ける考え方が広まっていることを示唆した。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事