文字サイズ
標準
大きく

誰がために鐘は鳴る 医師のため、患者のため、社会のため...

7月4日はアメリカ合衆国の独立記念日。
今年は4日が木曜日だったこともあり、彼の地では"4th of July Weekend"として例年以上にお祭り騒ぎが週末まで尾を引いたようだ。

祭事に限ったことではないが、我々日本人は他国や他文化の習慣・慣習の表層を自国文化に取り込むことは伝統的に上手い。他国の独立記念日とはいえ、いずれ7月4日の夜になると渋谷のスクランブル交差点がお祭り好きで無節操な若者たちで埋め尽くされる日が来るかもしれない。

自由の鐘
自由の鐘

「医師の働き方改革」

さて、今週はこれと前後して厚生労働省が「医師の働き方改革の推進に関する検討会」を設置したというニュースを目にした。この3月で終了した「医師の働き方改革に関する検討会」という似たような名称の会のいわば続編らしい。

医師の過重労働問題は医療サービスの提供というプロセスの中ではどちらかというと「結果寄り」、つまり「結果としての問題」。もちろん、長時間勤務で判断力の鈍った医師による医療過誤など、労働問題が別種のさらなる問題にもつながり得るため「原因としての問題」でもあり、その下流で最終的に影響を受けるのは患者など一般市民だ。

ただ、医師の労働問題の上流をたどっていくと、たとえば一部の地域や診療科に医師が偏在している問題、あるいは急性期・回復期・慢性期など本来の医療機能や患者側の病状とは無関係に大小さまざまな医療機関が横並びで医療サービスを提供せざるを得ない事情など多くの問題が存在する。そのさらに上流には健康保険などの医療制度問題、医学生や医師の教育制度問題、健康・医療に関する知識や医療サービス利用に関する意識のような一般市民側の問題など多岐にわたる「原因寄り」、つまり根本的な「原因としての問題」が絡み合っている。

これらは一連のプロセスを見渡した場合の源流であり原点でもあるが、それと同時に下流までの流れを左右する全体的な地盤や地質でもある。そのような複雑な問題を抱える巨大システムの一部分、歯車ともいえる部分の改革が「医師の働き方改革」と表現されることには違和感がある。言葉の綾(あや)だと言われればそれまでだが、実際は「医師の働かせ方改革」の話ではないだろうか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事