文字サイズ
標準
大きく

運動はスポーツのみにあらず

東京オリンピック開幕まであと1年。
今週はテレビでオリンピック関連の放送が多かった。それと前後して各地で次々と梅雨が明ける一方、台風6号が日本列島を直撃。これが通り過ぎれば夏本番、熱中症シーズンも本番だ。今さらながら、亜熱帯化が進む真夏の東京でオリンピックを開催して大丈夫なのだろうか。

TOKYO 1964!

前回の東京オリンピックが開催されたのは1964年。僕がニューヨークでの外科修業にひと区切りをつけて日本に帰国したのがその年の夏の終わり。妻と2人の息子たちを連れての1ヶ月半にわたるアメリカ横断キャンプ生活を終え、帰り着いた東京の夏はまだ「普通の」暑さだった。東京オリンピックが開催されたのはそれから間もない10月。当時は新しい仕事に忙殺されていたためか、あるいはもともとスポーツに疎かったためか、残念ながらオリンピック自体の記憶はあまり無い。

だが、オリンピックに間に合わせて大改造が施された東京の街の変貌ぶりは、55年前経った今も目に焼き付いている。東京育ちとはいえ、パソコンやインターネットはもちろん存在せず、日本の新聞にすらお目にかかることなく8年ぶりに帰国した浦島太郎だ。東京は知っているようで知らない街に生まれ変わっていた。

東京タワー、首都高速道路、東海道新幹線などなど。東京タワーは東京でのオリンピック開催が決まる前に完成していたようだが、いずれも僕が日本を発った1956年には着工すらされておらず、いきなり完成品とのご対面だった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事