文字サイズ
標準
大きく

自然と不自然の境目「偽原始人」的アンチエイジングで行こう!

関東もようやく梅雨明けとなり連日猛暑が続いている。
気象庁によると「猛暑日」は最高気温が35度以上の日で、30度以上35度未満の日は「真夏日」だそうだ。東京ではこの数日、最高気温が35度を超えたので名実ともに猛暑日。僕の住む横浜では最高気温が35度にわずかながら及ばず、今年はまだ猛暑日が無いらしい。

とはいえ、猛暑は猛暑。仕事や気分転換で毎日外出する87歳の老体には堪える毎日だ。

自然と不自然の境目

最近はあまり目にすることがなくなったが、「里山」という言葉がある。人里離れた山奥にあるような山ではなく、人の住む集落から比較的近い所にあり、農業や林業など何かしら人の営みの影響を受けている山。そんな里山は、一般的な意味での自然は豊富であっても、自然とは言えないことが行われる中で人間と共存・共生していると考えることもできる。

長年アンチエイジングに関わっていると、自然なことと不自然なこと、あるいは人工的なこととの境目がどこにあるのかと自問することが時折ある。そのような問いはやはり僕が専門とする美容外科、いわゆる美容整形や「見た目のアンチエイジング」といった分野に関連することが多いが、それ以外の分野でもある。

たとえば食事、あるいは先週のコラムでも触れた運動。食事や運動の種類や形態、基準や程度に関して、何をどの程度実践することがアンチエイジングの観点から自然なのだろうか。もちろん、絶対的で唯一の正解というものは存在せず、人それぞれの体質や年齢、体調・体力に応じた食事や運動のバリエーションやそれらの組み合わせがその時どきに有効な正解として存在するはず。だが、どこに自然と不自然、あるいは「無理」と「無理ない」のラインが存在するのかは謎だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事