文字サイズ
標準
大きく

精神疾患認定された「ゲーム障害」欧米の研究は「対戦型」、日本は「協力型」?

【参考】国際疾病分類 第11回改訂版(ICD-11)抜粋

国際疾病分類 第11回改訂版(ICD-11)抜粋

11.2 Disorders due to addictive behaviours
  (嗜癖行動による障害群)

11.2.1 Gambling disorder
  (ギャンブル障害)
11.2.1.1 Gambling disorder, predominantly offline
  (ギャンブル障害、主にオフライン)
11.2.1.2 Gambling disorder, predominantly online
  (ギャンブル障害、主にオンライン)
11.2.1.3 Gambling disorder, unspecified
  (ギャンブル障害、詳細不明)

11.2.2 Gaming disorder
  (ゲーム障害)
11.2.2.1 Gaming disorder, predominantly offline
  (ゲーム障害、主にオフライン)
11.2.2.2 Gaming disorder, predominantly online
  (ゲーム障害、主にオンライン)
11.2.2.3 Gaming disorder, unspecified
  (ゲーム障害、詳細不明)

11.2.3 Other specified disorders due to addictive behaviours
  (その他の明示された嗜癖行動による障害)

11.2.4 Disorders due to addictive behaviours, unspecified
  (嗜癖行動による障害、詳細不明)

注: 日本語の正式名称はいずれも未定(上記はICD-10の日本語名に準じた編集部参考訳)

【参考文献】

International Classification of Diseases, 11th Revision (ICD-11)
(世界保健機関/World Health Organization、WHO)
https://www.who.int/classifications/icd/en/

Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders (DSM–5)
(アメリカ精神医学会/American Psychiatric Association、APA)
https://www.psychiatry.org/psychiatrists/practice/dsm

Limelight Networks: THE STATE OF ONLINE GAMING – 2019
(オンラインゲーム実態調査 2019年版)
https://www.limelight.com/resources/white-paper/state-of-online-gaming-2019/

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事