文字サイズ
標準
大きく

「NHKをぶっ壊す」それより先にぶっ壊すべきものは...

「ぶっ壊す」と声高に叫ばれているNHKもなかなか捨てたものではない。
シベリア抑留者の遺骨取り違え問題について、NHKが矢継ぎ早に流す報道を見てそう思った。

ぶっ壊す?!
ぶっ壊す?!

厚生労働省の派遣団が5年前に日本人のものとしてシベリアから持ち帰った16人分の遺骨。実は日本人のものがほとんど含まれていなかったという専門家の鑑定報告を1年半前に受けていたにもかかわらず、厚労省はその事実を伏せていたという。当初は16人分の遺骨に関する報道だったが、今週、NHKは新たに70人分の遺骨に関しても同様だったと報じ、厚労大臣や官房長官に対しても記者会見の場でこの問題について追及した。


ぶっ壊すべきものは...

一連の報道を見ると、NHKは現地取材も含め相当な証拠固めをした上で、厚労省の反応を見ながら二の矢、三の矢を戦略的に放っているようだ。数日前にNHKが放送した「戦没者は二度死ぬ ~遺骨と戦争~」というドキュメンタリー番組では、シベリア問題に加えて南方諸島での遺骨収集活動に参加した遺族が直面した厳しい現実や、日本だけでなく他国の遺族や政府に対する日本政府の大失態と呼ぶべき実態も明らかになった。

この4月、厚労省とアメリカ国防総省が戦没者の遺骨収集で協力するための覚書を結んだという報道があったが、厚労省は長年、米兵の遺骨が混ざっている可能性のある遺骨を日本独自の基準と判断により現地で焼骨してしまっていた。焼骨してしまうとDNA鑑定による身元確認ができなくなるという、やはり自国兵士の遺骨収集に取り組むアメリカ側の指摘を実質的には無視してきたようだ。

「NHKをぶっ壊す」よりも先にぶっ壊すべきものがあるのではないだろうか。

だが、それは厚労省やその他の特定の中央官庁や政党をぶっ壊すという短絡的な話ではない。今回のような報道を見聞きする度に、僕は74年前の「あの日」にぶっ壊されたものを思い出さずにはいられない。


この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事