文字サイズ
標準
大きく

ゴルフとスマイルでアンチエイジング

今週末の軽井沢は「渋野フィーバー」の人出と渋滞で大変なことになったようだ。

ゴルフ+スマイル=アンチエイジング
ゴルフ+スマイル=アンチエイジング

「渋野」というのは言うまでもなく、弱冠20歳にして2週間前のゴルフ全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手。彼女の凱旋2戦目となる国内トーナメント観戦のため、大勢のギャラリーが軽井沢に押し寄せたらしい。残念ながら最終日の最終18番で痛恨のボギー。優勝は逃してしまった。ゴルフダイジェスト社のオンラインニュースによると、観客動員数は初日の金曜が昨年より2,448人多い5,577人。2日目は9,481人だったという。

こんなことを書くと、ゴルフ情報をマメにチェックする大のゴルフ好きのように思われそうだが、実は僕はほとんどゴルフをしたことがない。10年あまり前にレッスンを時々受けた時期はあるが、残念ながらコースデビューには至らなかった。

だが、僕のゴルフやゴルフダイジェスト社との関わりは長く深い。

「お若いですね」と言わせよう。

もう8年近く前のことになるが、僕は2011年の秋、80歳の誕生日を迎える直前にゴルフダイジェスト社から、「「お若いですね」と言わせよう。」というアンチエイジング本を出した。「長生きすればいいってもんじゃない」というタイトルの第1章から最終章の「見た目のスローエイジング」まで、その当時としては最新のアンチエイジング医学の情報を一般読者向けに幅広く、分かりやすく盛り込んだ本だった。

それに先立つこと5年、ゴルフダイジェスト社の編集者から「ゴルフとアンチエイジング」をテーマにした本の執筆を持ちかけられた。当時、アンチエイジング医学をどうやって一般の人にも興味を持って貰うか模索していた僕にはありがたい話だったが、問題は「ゴルフ」。僕は大昔に何度か練習場で球を打ったことがあるだけ。彼にはそれを正直に伝えた。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事