文字サイズ
標準
大きく

「お医者様はいらっしゃいませんか?!」

僕の地元、横浜で大事故が起きた。京急本線の踏切で起きた電車とトラックの衝突事故。亡くなったトラック運転手には大変気の毒だが、事故現場の映像からすると桁違いの大惨事になっていても不思議はなかっただろう。

医師の性(さが)かもしれないが、乗り物の事故や殺傷事件などの報道があるたびに思い浮かぶ言葉がある。「お医者様はいらっしゃいませんか?!」。いわゆる「ドクターコール」だ。

「お医者様はいらっしゃいませんか?!」

30年あまり前のことだろうか。旅客機の客室乗務員がまだ「スチュワーデス」と呼ばれていた時代の話。アメリカ出張の帰路、デトロイト空港を飛び立ったノースウエスト航空のジャンボ機が巡航高度に達して間もなく、ドクターコールの機内放送が流れた。スチュワーデスたちが左右を見渡し「お医者様はいらっしゃいませんか?!」と英語や日本語で声をかけながら通路を歩いてくる。

僕は覚悟を決めてスチュワーデスに声をかけた。彼女の案内でビジネスクラスエリアに行くと、青ざめた顔をした若い女性が毛布に包まれ横たわっていた。日本に留学中のアメリカ人。まだ「女の子」と呼べる年齢だった。夏休みのため実家のあるデトロイトに里帰り。一時帰国中に妊娠中絶手術を受け、日本に戻るフライトの中で不正出血。脈と血圧はかろうじて正常範囲内で出血もおさまっていたが、このまま10時間を超えるフライトに挑むのは危険だった。

僕はすぐにデトロイトに引き返すようスチュワーデスに言った。だが、女性は出血とは別の問題に直面していた。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事