文字サイズ
標準
大きく

「お医者様はいらっしゃいませんか?!」

ドクターコール対応にもお国柄?

YES, DOCTOR...
YES, DOCTOR...

女性はデトロイトの実家に滞在中、家族に内緒で中絶手術を受けていた。手術後、出血を懸念した医師からはフライトを延期するように言われたが、もともと予定していたのが新学期開始にギリギリ間に合うフライト。予定通り日本に戻らないと妊娠中絶が家族に発覚してしまうことを恐れた彼女が無理して乗ったフライトだった。デトロイトには絶対戻れないと、女性は泣きながら僕とスチュワーデスに引き返さないよう懇願した。僕はパイロットと対応を協議するためスチュワーデスの案内でコックピットに向かった。

パイロットはチャート図を広げ航路を説明した。アンカレッジまではカナダの海岸沿いに飛ぶので、いざとなれば最寄りの空港に緊急着陸できる。だが小さな空港だと設備の面で不安があるためアンカレッジまで飛びたいという。その先はひたすら太平洋なので、洋上で再出血したらお手上げだ。

結局、パイロットとはアンカレッジを目指すことで合意。女性の説得はスチュワーデスに任せた。ジャンボ機はアンカレッジに近付くと、緩やかに旋回しながら両翼の先端から燃料を霧のように散布したのち無事アンカレッジ国際空港に着陸。女性は待機していた救急車ですぐに病院に搬送され、僕たち乗客の乗ったジャンボ機は再給油したのち日本へ向け離陸した。

以前は国際会議などのため海外を飛び回る機会も多く、僕はこのようなドクターコールで応急処置などの対応をしたことが幾度かある。また、他の医師がドクターコール対応するフライトに乗り合わせたことや、医者仲間と移動中のフライトでドクターコールが発生したこともあるが、僕の経験ではこのような時に真っ先に応じるのは日本人医師が多かった。ヨーロッパ人も同程度いたかもしれないが、少なくとも当時、アメリカ人医師でドクターコールに応じる者はほとんどいなかった。

だが、いつの頃からだろうか、日本でも国内線や新幹線などでドクターコールに応じることを見送る日本人医師が多いという話をメディア等で見聞きするようになった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事