文字サイズ
標準
大きく

「待っています あなたの声を」9月10日〜16日は自殺予防週間

9月10日はWHO(世界保健機関)が制定した「世界自殺予防デー」。この日にあわせて日本では9月10日から16日までを「自殺予防週間」と定めている。

「自殺予防週間」9/10〜16
「自殺予防週間」9/10〜16

WHOは9日、加盟国のうち183カ国から集めたデータをもとに、世界の自殺の現状に関する推計を公表した。それによると、2016年に自殺した人は世界で約80万人。40秒ごとに1人が自殺しているとして、各国に対して自殺予防のための取り組みを強化するよう呼びかけている。

日本の自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は主要先進7カ国の中では最も高い。
7月に厚生労働省が公表した「令和元年版自殺対策白書」によると、自殺者の数は2003年の3万4427人をピークに少しずつ減少してはいるものの、今もなお年間2万人を超える人が自ら命を絶っている。また、若年層では減少率が低く、20~30歳代の死因第1位は依然として自殺だ。

主要国の自殺死亡率(厚生労働省)
主要国の自殺死亡率(厚生労働省)
自殺者数の推移(厚生労働省)
自殺者数の推移(厚生労働省)

自殺は予防できる。自殺以外の選択肢はないと感じていても、なかなか声をあげられずにいる人は大勢いる。厚労省は、こころの悩みを抱える人がすぐに支援を求められるよう、さまざまな相談窓口を案内している。

●SNS相談(LINE・チャットなど)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_sns.html
●電話相談
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/soudan_tel.html
●その他の相談先
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/kokoro_dial.html
●支援情報検索サイト
http://shienjoho.go.jp/

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考】

厚生労働省:令和元年度「自殺予防週間」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/jisatsu/shukan2019.html

厚生労働省:「自殺対策白書」(令和元年版)
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/19/index.html

世界保健機関(WHO):「Suicide: one person dies every 40 seconds」
https://www.who.int/news-room/detail/09-09-2019-suicide-one-person-dies-every-40-seconds

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事