文字サイズ
標準
大きく

「デザインでがんは減らせるか」 がん征圧月間ポスターに込められた思い

毎年9月は「がん征圧月間」。

「まだ、だいじょうぶ」には「異常」が隠れています。
「まだ、だいじょうぶ」には「異常」が隠れています。

今日9月13日に日本対がん協会が愛媛県松山市で開催する「がん征圧全国大会」をはじめ、がん予防や早期発見、早期治療に対する意識啓発のため、今年も全国でさまざまなイベントが開催されている。

がん征圧月間のポスターデザインは、がん検診受診への呼びかけをメインテーマとして、毎年春に同協会が学生対象のデザインコンテストを通じて募集・選考する。コンテスト全体のキャッチコピーは「デザインでがんは減らせるか」。

完成品のポスターとして全国の公共施設などに掲示されているのは最優秀賞作品のみだが、コンテストの公式ウェブサイトでは最優秀賞と優秀賞4作品を作品説明・講評とともに紹介。さまざまなデザインやキャッチコピーの中に、がん征圧に対する各受賞者の思いが込められている。

●「デザインでがんは減らせるか」
(『第7回がん征圧ポスターデザインコンテスト』公式サイト)
https://jcsposter.com/

同協会は1958年にがん征圧を目的に設立され、1960年からは9月を「がん征圧月間」として提唱。がんで苦しむ人や悲しむ人を1人でも減らすため、「がん予防・がん検診の推進」、「がん患者・家族の支援」、「がんの正しい知識の普及啓発」を柱とした活動を展開している。

●公益財団法人日本対がん協会
https://www.jcancer.jp/

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事