文字サイズ
標準
大きく

人は見た目が〇〇〇...

僕が代表を務める「見た目のアンチエイジング研究会」の講習会が1週間後に迫った。

日本抗加齢医学会の分科講習会として第1回を開催したのが2008年。この10年ほどは年1回のペースで開催して13回目を迎える。今回は特別講演の講師として、「人は見た目が9割」というベストセラー著者でもある演出家で宝塚大学教授の竹内一郎さんに、演出家の視点から見た「仕草、表情、声」の重要性という講演をお願いしている。どんな話になるか楽しみだ。

この「人は見た目が9割」という本が10数年前に出たときは、正直なところ煽り過ぎの題名ではないかという第一印象だった。だが、実は内容は特に過激でもなく興味深いエピソードや考察が多い。無意識のうちに「本は題名が9割」という頭で読み始めた僕の期待は良い意味で裏切られた。その後、世の中の「煽りの文化」はさらに進んだのか、数年前には「人は見た目が100パーセント」という漫画・テレビドラマが人気を呼んだらしい。「9割」でさえインパクトの足りない時代になってしまったのだろうか。

「人は見た目が9割」と聞くと抵抗を感じる人もいると思うが、「人の第一印象は見た目が9割」と言い換えるとその抵抗が少し和らぐのではないだろうか。

第一印象としての見た目

たとえば他人に対して自分が持つ第一印象の場合、その印象を得る機会の状況や時間、印象を得る対象などによって判断材料としての情報の質や量がかなり変わる。もし第一印象を得る機会が電話など音声だけであればそもそも見た目は「0割」だが、見た目の判断材料が写真だけの場合、映像だけの場合、通りすがりの姿や動作だけの場合、他人同士の会話を耳にした場合、あるいは自分が相手と多少の会話をした場合など、そのバリエーションに応じて見た目から得る情報や印象が大きく左右される。

特に会話や動作を伴う状況では、その背後にある親切な心遣いや、逆に無関心・悪意が見え隠れした場合など、見た目以外の要素が無意識のうちに見た目による印象、それも第一印象さえも塗り替えてしまうことがある。つまり、見た目そのものの要素とは別に、「見た目を左右する要素」が実は重要な役割を果たしているのかもしれない。

話があらぬ方向に飛ぶようだが、これは自動車の見た目にも当てはまることではないだろうか。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事