文字サイズ
標準
大きく

「ヒアルロン酸」その機能性と可能性は? ヒアルロン酸機能性研究会

「ヒアルロン酸機能性」という言葉から、まず何を思い浮かべるだろうか。

ある人は「ヒアルロン酸配合」や「保湿」というキーワードとともに宣伝される化粧水やクリームあるいはサプリメントなどのスキンケア商品を、またある人は眼科医に処方されるドライアイ用の目薬を、さらに別の人は顔のしわやたるみを治療するための液体注入施術を想起するかもしれない。

ヒアルロン酸機能性研究会 第5回学術大会
ヒアルロン酸機能性研究会 第5回学術大会

このようなさまざまな製品やサービスに利用されるヒアルロン酸の機能性に取り組む研究会、「ヒアルロン酸機能性研究会」の第5回学術大会が9月26日、東京・千代田区の城西大学東京紀尾井町キャンパスで開催された。

ヒアルロン酸利用の主要3領域

保水性と粘性という2つの特性を持ち、主に医薬品、化粧品、食品という3つの領域にわたり原料として利用されるヒアルロン酸。これらの製品分野は大会冒頭に登壇した城西国際大学・杉林堅次学長による会頭講演テーマ、「医薬品、化粧品、食品素材としてのヒアルロン酸とSociety 5.0について」にも反映されていた。「Society 5.0 (ソサエティー5.0)」とは、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続くものとして政府が提唱する未来社会。「サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」という概念だ。

半日という限られた大会日程に凝縮されたプログラムの大半は医薬品、化粧品、食品のいずれかの分野に直結した専門性の高いものだったが、会頭講演では杉林氏がヒアルロン酸機能性研究を取り巻く世界的な現状や未来をマクロ視点で解説。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)などのデジタル技術やバイオ技術の革新、爆発的な人口増加と急速な人口減少・少子高齢化が進む国々が混在する中で広がる社会格差など、世界情勢や地球環境の流れの中で今後のヒアルロン酸機能性研究のあり方や課題を述べた。

続く基調講演「健康食品の機能と表示」で登壇した城西大学薬学部・和田政裕教授は、「栄養機能」「嗜好・食感機能」「生体調節機能」という食品における機能性の種類、「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」そして第三の保健機能表示制度として2015年に始まった「機能性表示食品」の制度上の相違点や本質について解説。さらに、食品と医薬品を分けるいわゆる「食薬区分」における「保健の用途」と「医薬品の効果」の定義やその分かれ目となる領域(食薬中間領域)の研究に基づく考察など、ヒアルロン酸を健康食品の素材として扱う上での現状や課題について述べた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事