文字サイズ
標準
大きく

睡眠 x テクノロジーの最前線、「スリープテックEXPO 2019」

健康で豊かな生活を実現するために欠かすことのできない睡眠。
寝ているときの環境だけでなく日常生活のあらゆるシーンが睡眠の質に大きな影響を及ぼし、その睡眠の質はまた日々のさまざまな活動に影響を与える。そんな睡眠の質を科学技術のイノベーションにより高める分野として注目を集めているのが「スリープテック」だ。

スリープテックEXPO 2019
スリープテックEXPO 2019

10月9日から11日までの3日間、東京ビッグサイトでテクノロジーとビジネスの「クロス領域」で起こるイノベーションの祭典、「日経 xTECH EXPO」が開催。昨年に続き第2回となった今回は、新たに加わった「クロスヘルス EXPO」と「日経クロストレンド EXPO」のほか、特別企画として「スリープテックEXPO」が併催された。

「スリープテックEXPO」の企業展示フロアでは睡眠のサポート・改善のためのデバイスやアプリ、サービス、寝具などが紹介されたほか、イベントステージやセミナールームでは睡眠研究に関わる専門家やスリープテック企業による講演が行われた。

「アブセンティズム」と職場の睡眠不足対策

近年、企業の生産性を左右する大きな要因の一つとして注目を浴びているのが従業員の健康の中でも睡眠。「アブセンティズム(absenteeism)」と呼ばれる習慣的な欠勤だけでなく、出勤していても体調などにより業務効率が低下する「プレゼンティズム(presenteeism)」問題の原因としても、睡眠は企業にとって重要課題として認識されつつある。このため、従業員の健康維持の一環として睡眠問題に取り組む企業が増えている。

O: SLEEP リテンション
O: SLEEP リテンション

スマートフォンアプリによる従業員向けの睡眠トレーニングサービス「O:SLEEP」を展開する株式会社O:(オー)は、「O:SLEEP」から得た各従業員の睡眠データをもとに従業員の睡眠状態を可視化するクラウドサービス「O:SLEEP リテンション」を紹介。企業が従業員の睡眠状態を把握することにより、メンタルヘルス問題や離職の予防・対策に取り組み、企業収益の拡大につなげようというサービスだ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事