文字サイズ
標準
大きく

「薬は正しく使いましょう!」

10月17日から23日までは「薬と健康の週間」。
医薬品を正しく使用することの大切さや、そのために薬剤師などの専門家が果たす役割の大切さを広く知ってもらうための啓発活動週間だ。

「薬は正しく使いましょう!」
「薬は正しく使いましょう!」

「薬と健康の週間」の始まりは1949年(昭和24年)に開催された「全国薬学週間」。その後、1978年(昭和53年)から「薬祖神祭の日」である10月17日を初日とする1週間が「薬と健康の週間」として制定された。

今年のポスターには、薬剤師を主人公とする人気コミック「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」を起用。期間中、厚生労働省や各都道府県、関係団体では医薬品の適正使用に関する講演会や展示会、相談会、薬物乱用防止キャンペーンなどのイベントを開催するほか、ホームページや公式Twitterなどを使い各都道府県における取り組みの情報発信などを行っている。

「知っておきたい薬の知識」
「知っておきたい薬の知識」

●令和元年度「薬と健康の週間」各都道府県で行われる啓発イベント(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000556801.pdf

また、厚労省は今年の「薬と健康の週間」に合わせ、医薬品の適正使用を啓発するパンフレット「知っておきたい薬の知識」をリニューアルした。

医療費の適正化や国民の自発的な健康管理・疾病予防促進のため、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てする」(WHO定義)セルフメディケーションを推進する厚労省。薬に関する正しい情報をさまざまな方法で発信しているほか、相談窓口も設けている。

■相談窓口■

●医薬品や家庭で使用する医療機器について
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構(PMDA)
医薬品・医療機器相談室
【くすり相談】
薬の使用方法、副作用、飲み合わせや
ジェネリック医薬品に関する相談
03-3506-9457
【医療機器相談】
家庭で使用する医療機器の使い方の注意など
03-3506-9436

受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)
ホームページ http://www.pmda.go.jp

●医薬品等による副作用被害や感染被害などを救済する制度について
独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)
健康被害救済部救済制度相談窓口
0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間:月曜日~金曜日 9:00~17:00
(祝日・年末年始を除く)
ホームページ http://www.pmda.go.jp

(厚生労働省/日本薬剤師会『知っておきたい薬の知識』令和元年版より抜粋)

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考】

「知っておきたい薬の知識」(令和元年10月)
(厚生労働省/日本薬剤師会)
https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000555262.pdf

「おくすりe情報」(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/okusuri/

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事