文字サイズ
標準
大きく

「世界で最も美しい"黄金比"顔」はナンセンス?

   「美容外科医が絶賛! 世界で最も美しい"黄金比"顔はベラ・ハディッド」

   「イギリスの美容外科医が"黄金比"に基づき測定した「美しい顔」トップ5は誰?」

慌ただしい一週間が終わり、ようやく週末だと思った金曜日、こんなネットニュースの見出しが目を引いた。美容外科医のはしくれとしては記事を読まないわけにはいかない。

「世界で最も美しい"黄金比"顔」とは?

記事の内容は、最も美しい比率とされる古代ギリシャの「黄金比」と最新の画像処理技術を駆使して女性セレブの顔を調査したロンドンの美容外科医による分析結果。

こう書くと高尚な響きがあるが、早い話が人気芸能人の顔立ちランキングだ。セレブの世界も栄枯盛衰があるためか、数年ごとにこの手のニュースが新たな顔ぶれで話題になるようだ。

今回、最も「完璧な顔」を持つ女性だと判定されたのはベラ・ハディッドというスーパーモデルだという。名前を読んでも写真を見ても、見覚えのない女性。それだけでなく、正直なところ「完璧な顔」と言われてもあまりピンとこない。

「黄金比」顔?
「黄金比」顔?

このモデルの顔と黄金比との適合率は94.35%だそうで、アゴの適合率が「ほかの誰よりも高い99.7%で、完璧な形からわずか0.3%ずれているだけ」らしい。掲載されている写真では、目の位置や鼻の長さと幅など、顔のパーツごとに算出した黄金比との適合率が記載されている。

記事には2位から5位までが順に「ビヨンセ、アンバー・ハード、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト」とある。聞いたことのある気がする名前もあるが、やはり顔は思い浮かばない。

大元の海外記事を探してみたところ、出所はイギリスで最も古いタブロイド紙「Daily Mail」。ウィキペディアでは「Potentially unreliable sources (潜在的に信頼できない情報源)」の一つに分類されるメディアらしいが、こういう趣旨の記事であれば記事の信頼性をとやかく言う読者もあまりいないだろう。

この記事を読みながら、美容外科医の草分けともいえるある人物を思い出した。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事