文字サイズ
標準
大きく

正義の味方で邪魔者、「かさぶた」

厚生労働省が今週公表したパワハラ防止の指針案は、パワハラ認定の定義が狭く具体性も欠けていると波紋を広げているらしい。

素案では、例えば「必要以上に長時間にわたる厳しい叱責」はパワハラに該当するそうだが、その「長時間」の具体的な目安は厚労省によると「ケース・バイ・ケース」だという。

それはそうだ。パワハラの場合でも定量評価に向いている項目が多少はあるのかもしれないが、さすがにパワハラ行為の継続時間となると、仮に具体的な目安を設定したとしても当事者や監督者の混乱をかえって招くだけだろう。

このパワハラ防止問題は厚労省としては「労働」側の案件だが、職場など労働者の健康問題としてとらえると「厚生」側の問題でもある。うまく連動した対策につながるのであれば、20年前に厚生省と労働省を統合したのはあながち間違いではなかったのかもしれない。

さて、パワハラや他のハラスメントに限ったことではないが、「心の傷」は可視化することができない。

心の傷と体の傷

心の傷の場合、傷の種類・程度や負った経緯はそれこそケース・バイ・ケースだ。傷の治り方や治し方を的確に見定めるのは容易ではない。そして昔に比べると心の傷のバリエーションは増え、何かしら心の傷を負って治療を受ける人の数は増えている。社会や生活の変化とともに医療現場でも暗中模索が続いているのではないだろうか。僕はこの分野の専門家ではないが、美容医療においても心のケアは重要。それには心の傷のケアも含まれる。

それに比べると、僕が形成外科医として長年関わってきた体の傷は、治り方や治し方がこの30年ほどで劇的な進化と変化を遂げ、体系的に整理もされた。

以前このコラムでも書いたが、傷治療の常識が「しっかり消毒して乾燥」「かさぶたを作って治す」から、「消毒せずしっかり水洗い」「湿った状態を維持して治す」という「湿潤療法」に変わったのもその一例だ。これにより、かつては「傷が治っている証拠」と歓迎されたかさぶたは、「治りかけの傷を保護する正義の味方」から「傷の早くてキレイな治りを妨げる邪魔者」に転落してしまった。

これに関連して、先日ある人から「シミ取りレーザー治療のあとにできるかさぶたは邪魔者ではないのか」という質問を受けた。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事