文字サイズ
標準
大きく

大炎上「血液クレンジング」騒動は氷山の一角

今週は「血液クレンジング」のアンチエイジング効果についていろいろな人から意見を求められた。

先月からネット上では一部の「体験者」芸能人も巻き込む炎上騒ぎになっていたようだが、今週、衆議院の厚生労働委員会で尾辻かな子議員が「血液クレンジング」の実態について厚労省幹部を追及したことでニュースが広まった。

「血液クレンジング」「血液オゾン療法」こと「大量自家血オゾン療法」

この血液クレンジング、正式名称は「大量自家血オゾン療法」とされているが、治療法の名称として一般的なのは「血液オゾン療法」だろう。白状すると、僕はこれまで幾度かその名を耳にしたことはあるものの、治療法の具体的な内容は把握していなかった。これを推進している学会のウェブサイトを見ると、全国の200近い内科、美容皮膚科、美容外科クリニックなどで行われているようだ。

血液オゾン療法では患者から採取した100~200ml程度の血液に医療用のオゾンガスを混ぜ、それをいわゆる点滴の要領で体内に戻す。比較的シンプルな点滴治療だ。血液に対して「少量の酸化ストレスを与えることで身体が本来持つ抗酸化力を高める」ことにより疲労回復や美容・アンチエイジング効果を得ることができるとされ、一部のクリニックのウェブサイトでは心筋梗塞やがんにまで効果があることをほのめかしている。

僕は点滴治療の専門家ではないので治療効果についてはなんとも言えないが、美容医療に長年関わってきた身として、このようなケースにおける厚労省の役割についてはいろいろと思うことがある。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事