文字サイズ
標準
大きく

もしかして男性更年期? まずはセルフチェック!

女性だけでなく男性にも更年期があると言われるようになったのは2000年代に入って間もない頃。その後、「男性更年期障害」という言葉はかなり浸透した。しかし症状が表れているにもかかわらず、自覚できていない男性も多いのではないだろうか。

男性更年期専門外来を展開する「Dクリニック東京 メンズ」と「Dクリニック大阪 メンズ」(医療法人社団ウェルエイジング)が先月、全国の20~50代の男性500人に実施した「働き方改革と健康に関するアンケート」調査では、男性更年期障害の疑いがある人(中等度・重度の男性更年期障害の可能性がある人)の割合が約40%にのぼったという。

男性更年期障害とは、加齢に伴う男性ホルモン(テストステロン)の低下によって引き起こされるLOH症候群(加齢男性性腺機能低下症候群)という病気だ。

LOH症候群をセルフチェックできるAMSスコア

LOH症候群は早いと40代で発症するが、多いのは50~60代。集中力が続かない、体がだるい、やる気がしない、運動していないのに関節や筋肉が痛い、のぼせや動悸がするなどの不調の原因は、LOH症候群かもしれない。この年代の男性は、加齢によるテストステロンの減少に加え、職場や家庭でのストレスも多い。体の不調だけでなく心の不調を訴える人も少なくない。

不調はあるが自分の症状がLOH症候群かどうかわからないという人には、手軽なセルフチェック方法がある。国際的に用いられている「Aging Males' Symptoms Score(AMSスコア)」という質問票だ。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事