文字サイズ
標準
大きく

「医療安全推進週間」 患者にできることは?

医療安全には医療者とのコミュニケーションが重要
医療安全には医療者とのコミュニケーションが重要

11月24日(日)~11月30日(土)は「医療安全推進週間」。
2001年(平成13年)に厚生労働省が開始した「患者の安全を守るための共同行動(PSA)」の一環として、11月25日(いい医療に向かってGO)を含む1週間が「医療安全推進週間」と定められた。

医療機関と医療従事者が主体の啓発週間だが、医療は提供する側だけでなく受ける側の意識や行動でより安全なものになる。患者として心掛けるべきことは...

●診察時の説明は理解・納得できるまで受ける
病状や治療、薬の処方に関する医師の説明で不明なことや納得できないことがあれば、遠慮せずに伝えて、十分に理解した上で治療や検査を受けよう。

●自分の健康管理情報は十分に伝える
日頃服用している薬や、食品・薬のアレルギーに関する情報は、些細なことでも必ず医師や看護師に申告しよう。

●処置の際の患者情報を確認する
点滴や注射、採血の際の名前などの表示や読み上げはきちんと確認しよう。

医療安全の重要性が広く認識されるようになったのは、1999年1月に横浜で起きた心臓手術患者と肺手術患者の取り違え事故。そのわずか1カ月後には、東京都内で消毒液を生理食塩液と間違えて静脈内注射したことで患者が死亡する事故が発生した。この2件をきっかけに、社会問題として医療安全への全国的な取り組みが始まった。入院患者の手首に氏名などの情報が記載されたリストバンドをつけることや、検査、薬の投与、診察の際に患者にフルネームを名乗ってもらうなど、患者確認が徹底されるようになったのもこの頃からだ。

医療安全は主には医療の提供者が取り組むべき課題。だが、患者や家族の理解や協力により予防できる医療事故もある。患者一人ひとりが医療の安全に関心をもち、当事者として医療安全を意識することが事故防止へとつながる。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事