文字サイズ
標準
大きく

回る回るよ、大麻を巡る「へルタースケルター」

先週末に合成麻薬MDMAの所持容疑で逮捕された女優の沢尻エリカ。今週のテレビやネットはこの話題で持ちきりだった......と書くと、いかにも年寄りが若い世代に迎合しようしているように思われるかもしれないが、実は彼女は僕にとって馴染みの深い女優。

といっても、面識や共通の知人といった話ではない。僕が美容医療などの講演やワークショップをする時はいつも、彼女の主演映画「へルタースケルター」のスライドを使っているというだけのことだ。この映画は美の呪縛、美貌の格差やヒエラルキーというテーマには格好の題材。グロテスクな映像表現が多い映画ではあるが、公開から7年経った今でもこの映画を超える「教材」にはお目にかかっていない。

ちなみに「へルタースケルター」とは英語で「しっちゃかめっちゃか」な混乱状態を意味する。これとは別に、欧米の遊園地などで見かける、らせん状の滑り台が外側に巻き付いた塔のようなアトラクションもhelter-skelterと呼ばれる。なんとも暗示的な題名だ。

この映画や美の呪縛の話はまた別の機会に譲るとして、今回は大麻の話。

「〇〇大麻」、「大麻由来の〇〇」などなど

沢尻エリカは逮捕後、MDMAのほかにもコカインやLSD、そして大麻を10年以上前から使っていたことが明らかになった。また、つい数日前に都内では大麻栽培の「師匠」と呼ばれる園芸用品店の経営者が逮捕された。北海道では大量の乾燥大麻を持っていた暴力団幹部数名が逮捕される事件もあった。

近年、欧米では大麻合法化の動きが加速し、日本でもその話題を耳にすることが多くなった。大麻の所持容疑などでの摘発も20代前後の若者を中心に増加傾向と聞く。

この「大麻」という言葉は、時には植物としての大麻草を意味し、時には喫煙や吸引のために加工された乾燥大麻や大麻樹脂などを意味する。後者はいわゆる「嗜好用大麻」と呼ばれるものだ。合法・違法はともかくとして、嗜好品という意味ではタバコやアルコールと同じようなものだ。これとは別に、「医療用大麻」や「産業用大麻」という言葉も最近よく見聞きする。これらはいずれも原材料や用途に関わる名称だが、これが製品の話になると「大麻由来の」という表現が氾濫している。それも、葉、花、茎、根、種のどの部位に由来するかによって主成分や法的な扱いが変わるからややこしい。

実は先月、ひょんなことから日本臨床カンナビノイド学会という医療用大麻研究の学術集会に参加した。またこの学会参加とは関係なかったが、その前後にはアメリカで医療用大麻の研究をしている学者や大麻由来のCBDという成分を使った商品を製造販売する企業の人に会う機会があり、僕は図らずも日米の大麻研究や大麻産業の現状を知ることになった。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事