文字サイズ
標準
大きく

「髪は長~い友達」 毛根培養からAGA治療へ

中高年の方ならご記憶だろう。今を去ること40年ほど前、「抜け始めてわかる、髪は長~い友達」という育毛剤のテレビコマーシャルが人気を呼んだことがあった。

僕は幸い、育毛剤や発毛剤の世話になることなく中高年期を過ごすことができた。70代後半からは、徐々にとはいえ自覚するほど薄毛が進んだが、今や数週間後には米寿を迎えようという老人だ。さすがに髪との友情に執着する年ではない。

そんな僕だが、毛髪研究とはかれこれ40年ほど「友達」関係が続いている。日本で植毛や増毛の研究に取り組んだ外科医としては草分けだったのではないかと密かに自負もしている。

培養皮膚から毛根培養へ

毛髪研究のきっかけを作ってくれたのは、大手かつらメーカーの開発部長だった。

僕を訪ねて北里大学の形成外科にやってきた彼は挨拶もそこそこに、毛根を増やす方法がないかと尋ねた。会社の主力商品はかつらだが、将来的な柱としては自前の毛を増やす事業も育てたいという。その後も足繁く通う彼の熱意にほだされた僕はつい安請け合いをしてしまい、そのメーカーとの共同研究を始めることになった。

安請け合いといっても、当時の僕は大学病院の医局とは別に基礎研究のチームも抱えており、彼らとはやけど治療のための培養皮膚の研究を進めていたため、毛根に関しても多少の土地勘はあった。だが、その研究ではタッチの差でハーバード大学のチームに先を越されてしまい、ちょうど軌道修正を検討していたところ。研究予算ならいくらでも出せると言われたことも魅力的だった。結果的には研究期間が「いつまでも」という話ではなかったのだが、僕が冗談半分に「実用化には20年ほど」と予防線をやんわりと張った状態で毛根培養の共同研究はスタートし、僕の定年退職後もしばらく続いた。

残念ながら毛根培養の研究は目立った成果がないまま中止となり、その後、そのメーカーとは発毛専門外来のクリニックを立ち上げた。それと前後して華々しく登場したのが発毛の救世主「ミノキシジル」だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事