文字サイズ
標準
大きく

読んでみませんか?「体験作文」 12月3日~9日は障害者週間

12月3日は「国際障害者デー」、12月3日~9日は「障害者週間」だ。

2019年度「障害者週間」ポスター
2019年度「障害者週間」ポスター

障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う「共生社会」。これを目標とする政府は期間中、障害のある人や障害に対する国民の理解と関心を深めるため、地方公共団体や民間団体などと連携してさまざまな啓発イベントを開催する。

内閣府はその一環として、全国から募集した「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間のポスター」の入賞作品を東京都内で展示している。入賞作品は作品集として各都道府県・指定都市などにも配布予定だが、内閣府ホームページでも公開中だ。

●内閣府:2019年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」入賞作品集
https://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/r01sakuhinshu/index.html

「障害の有無にかかわらず、誰もが相互に人格と個性を尊重し支え合う『共生社会』」のために何ができるかを考えるヒントになるだろう。

「障害者週間」作品展

日時:2019年12月3日(月)~9日(月) 10時00分~18時00分
会場:有楽町駅前地下広場
  (〒100-0006 東京都千代田区有楽町2丁目7番1号先)
参加方法 : 入場無料(どなたでも入場可)
内容:2019年度に全国から公募した「障害者週間のポスター」の全推薦作品の原画及び「心の輪を広げる体験作文」の最優秀賞作品等を展示するもの。

【2019年度「障害者週間のポスター」展示作品】(都道府県・指定都市推薦作品)
 ・小学生区分
 ・中学生区分
【2019年度「心の輪を広げる体験作文」展示作品】(最優秀受賞作品)
 ・小学生区分
 ・中学生区分
 ・高校生区分
 ・一般区分

医師・専門家が監修「Aging Style」

【参考】

内閣府: 2019年度「障害者週間」
https://www8.cao.go.jp/shougai/kou-kei/r01shukan/main.html

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

「バリウム検査」は何のため?

2019年4月現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事